海外渡航の際や、大手キャリア+格安SIMなどの使い方

写真拡大

ネット接続型家電などを手がけるCerevo(セレボ、東京都文京区)とNTTドコモは、SIMを自由に切り換えて通信できる「SIM CHANGER Δ(シム・チェンジャー・デルタ)」の予約受付を、2016年8月2日からクラウドファンディングサイト「Makuake」で始めた。発売は2017年3月中の予定。

SIMカードを最大4枚装着可能で、iOS/Androidスマートフォン(スマホ)のアプリからSIM情報を自由に切り換えて利用できる。付属のSIMカードサイズ「ブリッジカード」をスマホ本体側に装着しBluetoothで接続して通信を行う。

海外へ渡航の際などに各国の事業者ごとのSIMカードをアプリから手軽に切り換えられるほか、通常は通話用SIMカードを使用し、容量の多い通信を行う際にデータ通信用のSIMカードに切り換えて利用、などの使い方ができる。

片手に乗るコンパクトサイズに容量3400mAhバッテリーを内蔵し、約1時間の充電で約30日間の連続使用が可能だ。nanoSIM×2、microSIM×2スロットを搭載。国内の主要な通信事業者やNVMO(仮想移動体通信事業者)のほか、海外の通信事業者のSIMカードにも対応する。

「Makuake」では数量限定の割引や「ブリッジカード」×2枚付属など、1万800円〜1万6200円(税込)までの様々なコースを用意する。