レーティング:レアル・マドリー 3-2 セビージャ 《UEFAスーパーカップ》

写真拡大

▽レアル・マドリーvsセビージャのUEFAスーパーカップが9日にノルウェーのレーケンダール・スタディオンで行われ、2-2で迎えた延長戦の末、3-2としたレアル・マドリーが2大会ぶり3度目の優勝を飾っている。セビージャの清武はフル出場している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

13 カシージャ 5.5

2失点も1本好守があった

DF

2 カルバハル 6.5

延長終了間際にドリブルシュートを叩き込んで勝負を決定付けた

5 ヴァラン 6.0

終始、安定したプレーぶり

4 セルヒオ・ラモス 6.0

攻撃時のセットプレーで存在感。PK献上も土壇場で試合を振り出しに戻した

12 マルセロ 5.5

全く攻め上がらず省エネでプレー

MF

17 L・バスケス 5.5

珍しく存在感がなかったが、セルヒオ・ラモスのゴールをアシスト

16 コバチッチ 5.5

前半は何度かボールを持ち運ぶプレーでアクセント

(→ハメス・ロドリゲス 5.5)

何度か決定的なパスを通す

14 カゼミロ 5.5

バイタルエリアを埋めることに専念

22 イスコ 5.5

アセンシオと共に攻撃をけん引

(→モドリッチ 5.5)

大きく流れを変えるには至らず

28 アセンシオ 6.5

後半は消えたが、正確かつ豪快なミドルシュートで先制弾をマーク

FW

21 モラタ 5.5

前線でボールを収めるなど一定の存在感

(→ベンゼマ 5.0)

試合に入れなかった

監督

ジダン 6.0

主力を欠く中で押される時間も多かったが、アセンシオの活躍は収穫

▽セビージャ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

1 セルヒオ・リコ 6.0

3失点も再三の枠内シュートを的確にセーブ

DF

6 カリソ 5.0

アセンシオの対応に苦戦

(→ラミ 5.5)

大きく崩れず耐えた

21 パレハ 5.5

3バックの中央で統率

5 コロジェチャク 5.0

ルーカス・バスケスを監視しつつ、攻撃にも関与したが退場処分を受ける

MF

25 マリアーノ 5.0

攻守に凡庸だった

8 イボーラ 5.5

もう少し前への推進力を出したかった

(→クラネビッテル 5.5)

守備を締めた

15 エンゾンジ 5.5

バイタルエリアをケア

20 ビトロ 6.0

PK獲得。徐々に存在感を増していった

FW

14 清武弘嗣 6.0

安定したキープ力でタメを作った。消えている時間も少なかった

9 ビエット 5.0

フランコ・バスケスのゴールに絡んだが、存在感はなかった

(→コノプリャンカ 5.5)

PKを決めたが、3失点目の要因に

22 フランコ・バスケス 6.0

1チャンスを生かしてゴール。後半は消えた

監督

サンパオリ 6.0

公式戦初陣。レアル・マドリー相手に互角以上に戦った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

カルバハル(レアル・マドリー)

▽アセンシオと迷ったが、決勝ゴールを決めたカルバハルを選出。堅実な守備でフランコ・バスケスとビトロを抑え、最後にドリブルシュートを決める無尽蔵ぶりを見せた。

レアル・マドリー 3-2 セビージャ

【レアル・マドリー】

アセンシオ(前21)

セルヒオ・ラモス(後48)

カルバハル(延後14)

【セビージャ】

フランコ・バスケス(前41)

コノプリャンカ(後27[PK])