日本を訪れる中国人旅行客が増えており、個人観光ビザで訪日する中国人も増加傾向にある。個人観光ビザの場合は旅程を自由に決めることができることから、日本滞在中に鉄道を利用した旅を楽しむ中国人も少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人旅行客が増えており、個人観光ビザで訪日する中国人も増加傾向にある。個人観光ビザの場合は旅程を自由に決めることができることから、日本滞在中に鉄道を利用した旅を楽しむ中国人も少なくない。

 中国メディアの捜狐はこのほど、日本旅行中に鉄道を利用したという中国人旅行客の手記を掲載し、「日本の鉄道はハード面もソフト面もすばらしかった」と伝えている。

 日本の鉄道を利用したという中国人はこれまで73カ国を旅行で訪れ、中国国内の有名観光地もほとんど行き尽くしたという旅行好きのようで、中国内外でさまざまな旅行サービスを体験してきたという人物だ。その中国人が絶賛する日本の鉄道サービスは、何がどのように優れていたのだろうか。

 記事は、「日本を訪れ、日本人のサービスには深い感銘を受けた」と伝えつつ、その感銘を受けたというサービスには鉄道サービスも含まれると紹介。その一例として「海沿いを走る鉄道路線は利用客が車窓からの景色を楽しめるよう、窓が大きな作りとなっていたり、座席そのものが車窓に向いていたりする車両があった」と伝えた。

 さらに、日本は鉄道網が非常に発達した国であり、外国人旅行向けの鉄道パスが存在することを紹介、「日本は外国人でも鉄道による旅行が楽しめる国だ」と指摘し、利用客本位で考えられたサービスを絶賛したうえで「日本がアジアの鉄道天国だという表現は決して誇張ではない」と論じている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)