“言葉の発達”が遅くなる!? 赤ちゃんにNGな家庭の騒音環境とは

写真拡大

オギャーと生まれてこの世に出た途端、赤ちゃんは様々な未知の音を耳にすることになります。

デメリットだらけ! 「スマホ」が赤ちゃんに与える悪影響4つ

そんな中で、赤ちゃんは言葉をピックアップして覚えていくわけですが、赤ちゃんの言葉の発達を妨げる環境があります。

今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、どんな環境が、赤ちゃんの言葉の発達を妨げるのかアメリカの研究をもとに、お話したいと思います。

BGMならぬBGNとは

大人であれば、BGMが仕事の効率を上げてくれるということもありますね。耳に心地よい音楽は、精神を落ち着かせ集中力を高めてくれたりします。

筆者もパソコンに向かって仕事をする時や、自分のあまり得意でない仕事をする時、また掃除や草むしりなどは音楽を聴きながらやります。

BGMは良い効果をもたらすことが多いです。

ところが、BGNとなると違います。Nとはnoise(騒音)、周りの騒音ということです。

テレビやビデオなどを見ていて、騒音にセリフがかき消されてイライラしたことはありませんか? また、うるさい場所では、なかなか仕事や勉強に集中できませんよね。

大人でも、周りの騒音には、イライラさせられ、集中力が削がれるものです。

これが、これから言葉を覚えようという赤ちゃんならどうでしょう?

BGNが与える悪影響

米ウィスコンシンマディソン大学の研究では、うるさい環境にいる子どもは、新しい単語を覚えるのに苦労する、また、精神的にもストレスホルモンのレベルが高くなると言います。

大学の実験には、22カ月から30カ月の、ちょうど言葉をどんどん覚えていく時期の幼児106人が参加しました。

実験では、子ども達に馴染みのない物の名前を認識させるテストをしました。

子ども達に新しい単語を含んだ文章を聞かせ、その新しい単語(物の名前)を教えました。そして、最後に子ども達にその単語が言えるかをテストしたのです。

まず、80人の幼児にうるさい環境と静かな環境に分けて音声を聞かせてテストしました。

すると、静かな環境で聞かされた単語だけを覚えていました。

そして、少し大きい月齢の26人に、静かな環境で二つに単語を教え、次にうるさい環境で別の二つの単語を教えました。すると、子ども達は、静かな環境で教えられた単語のみを覚えていたのです。

避けるべき騒音の種類

テレビやラジオ、パソコンやスマホからの音楽やゲーム音、電車や車の音、工事の音、そして人の話し声など、私達の日常には、数えきれない音が氾濫しています。それらを取り除くことなど不可能です。

でも、幼児と話す時や、幼児に言葉を教えたいと思った時には、ぜひ避けてほしい音があります。

それは、人の話し声です。同じ周波数の言葉が、周りから聞こえてくると、子どもの注意力はそちらに向いてしまいます。

例えば友人と話している時に、少し離れた所で別の友人同士が話していると、目の前の友人の話より、離れた所で話している友人の会話が気になるということはありませんか?

幼児も同じです。集中力や注意力がまだ十分身に付いていない幼児は、容易に気が散ってしまうのです。

まとめ

幼児に言葉を教えるためには、たくさん話しかけることが大切ですが、今回の研究結果のように、うるさい環境の中だと、もしかしたら教えたことの半分しか覚えていないかもしれません。

まず、テレビやラジオは消し、もし、周りで兄弟やおじいちゃんやおばあちゃんがしゃべっているなら、そういう声が聞こえない所へ移動しましょう。

生活の中で、ママ以外の話し声もたくさん聞こえるというのは、言葉を覚える上では決して悪いことではありませんが、幼児に言葉を教えたいと思った時や、大切なことを伝えたいと思う時は、静かな環境のなかでゆっくり話すようにしてくださいね。

<参考>Science Daily