「医学部」がねらい目!(※イメージ)

写真拡大

 センター試験まで、あと5カ月ほどになった。来年の入試は今春と比べ、どう変わりそうなのか。大学受験の動向に詳しい予備校関係者が、最新の模擬試験の結果分析などをもとに予測した。

*  *  * 
 まず、近年の入試傾向を振り返りたい。
 
2008年のリーマン・ショック以降、理系が人気を集め、文系が不人気となる「理高文低」が14年度(14年春入学)まで続いた。しかし、15〜16年度の入試は文系人気が回復し、理系は不人気に。景気が回復傾向になったことや、15年度からの新課程入試でセンター試験の理系の理科の負担が重くなったことが原因とみられる。

 文系人気と理系不人気は、17年度入試でも続くのだろうか。駿台予備学校進学情報センター長の石原賢一さんは、5月の駿台全国模試の志望動向をみて、こう分析する。

「昨年に引き続き、国公立大も私立大も文系が人気です。東大は文系志願者が16年度入試より増えそうですが、理系志願者は全科類で減っています。理系は受験生そのものが減っているため、強気にいきましょう。特に、医学部は志願者が前年比92%と減っている一方で、新設で定員が増える。ねらい目です」

 医学部の志願者が昨年より減っているのは、入試が難しくなりすぎたためという。16年の東北医科薬科大(宮城)の医学部新設に続き、17年には国際医療福祉大(栃木)も医学部を新設する予定だ。医学部のキャンパスは千葉県成田市にでき、定員は140人。うち20人は留学生を受け入れる予定だ。

「国際医療福祉大医学部の学費は、ほかの私立大と比べてかなり安くなる予定です。首都圏にできるため、人気を集めそうです」(石原さん)

 同大学は、4週間以上の海外臨床実習を原則、行うこととしている。様々な海外医療現場で実習する機会を与えることで、将来海外で活躍するための基礎を身につけてもらうねらいだ。

 医学系でもう一つ注目される動きは、京大医学部人間健康科学科の改組だ。

 これまでの専攻別募集から、学科一括での募集となる。定員は143人から100人に減り、難しくなりそうだ。コース配属は2年生後期からとなり、学生の希望を聞いて振り分ける。石原さんは「今後は医工連携が進み、医療ロボットなど医療工学の分野にも関心が高まりそうです」と話す。

 高齢化する日本を映し出すように、看護系の学部や学科の新設も、ここ数年続いている。受験生が注目しておくべきポイントだ。

 来春に6校の大学が新設されるが、岩手保健医療大(岩手)、福井医療大(福井)、一宮研伸大(愛知)、福岡看護大(福岡)の4大学が看護系の学部・学科を設ける。受験を考えている人は、教員や実習病院など教育体制をしっかりと調べよう。できれば、オープンキャンパスにも足を運びたい。

 17年度は計12大学で看護系の大学・学部・学科が新設されることになる。看護系学部の定員は1991年に600人足らずだったが、今春は2万人を超えるまでになった。

週刊朝日  2016年8月19日号より抜粋・再編集