8日、任天堂のゲームアプリ「ポケモンGO」が世界的にヒットしているが、中にはゲームに熱中するあまり、問題を起こしてしまうプレーヤーもいる。写真はポケモンGOで遊ぶ人。

写真拡大

2016年8月8日、任天堂のゲームアプリ「ポケモンGO」が世界的にヒットしているが、中にはゲームに熱中するあまり、問題を起こしてしまうプレーヤーもいる。香港紙・文匯報が伝えた。

【その他の写真】

米マサチューセッツ州フェアヘイブンのフォートフェニックス砦は、18世紀に起きた独立戦争において英国軍によって破壊され、その後再建されたが、珍しいポケットモンスターが見つかったことで、ポケモンGOのプレーヤーが多数訪れるようになり、遺構は再び破壊の危機にさらされている。

遺構の管理者によると、ごみを投げ捨てていく人が後を絶たないばかりか、所構わず落書きをしたり、石の壁に文字を彫り込んだり、さらには地面に穴を掘ったりする人までいて、歴史的な遺構はさながら“地雷地帯”のようになっているという。(翻訳・編集/岡田)