多くの人がリオデジャネイロ五輪で選手らが繰り広げる熾烈な金メダル争いに注目する中、8日、中国のネットユーザーは競泳女子100メートル背泳ぎ準決勝に出場した中国の傅園慧選手に注目した。

写真拡大

多くの人がリオデジャネイロ五輪で選手らが繰り広げる熾烈な金メダル争いに注目する中、8日、中国のネットユーザーは競泳女子100メートル背泳ぎ準決勝に出場した中国の傅園慧選手に注目した。華商報が伝えた。

【その他の写真】

3位で決勝に進んだ傅選手は、試合後のメディアのインタビューに、表情豊かに応じ、瞬く間に多くの人を虜にした。ネットユーザーはそんな傅選手を、「五輪アスリートの清流界に現れた『土石流』」とユーモラスに表現。これは、中国のアスリートにとっては「進歩」とも言える。なぜなら、これまで、中国のアスリートと言うと、「単純で、運動神経がいいだけ。メダルを取ることだけに奮闘しているロボット」というのがそのイメージだったが、傅選手がそのステレオタイプの殻を打ち破ったからだ。

▼五輪でも「ネットアイドル」が誕生
リオ五輪・競泳女子100メートル背泳ぎ準決勝のインタビューで、傅選手が一躍大人気になる「事件」は起きた。「58秒95?59秒かと思った!私そんなに速かったの?大満足!」と、五輪初出場で決勝に進んだ傅選手はカメラの前で、自身の成績に大満足であることを語ると、さまざまな表情を次々と披露。記者からの「(準決勝には)余裕があったのでは?」との質問には「余裕なんてない。もう十分に、目いっぱい出し尽くしました!」とあっさり断言。さらに、「明日の決勝に期待することは?」という質問にも「何もない!もう大満足!」と答え、取材していた記者たちを唖然とさせていた。

数時間後、傅選手の微博(ウェイボー)のアカウントのフォロワー数は一気に62万人まで増加し、名実ともに「ネットアイドル」となった。

▼「天然キャラ」の傅選手
1996年生まれの傅選手は、2015年8月6日、ロシア・カザンで開催された水泳世界選手権競泳女子50メートル背泳ぎ決勝で、27秒11のタイムを出し、金メダルを獲得した。競技成績が目覚ましい伸びを見せるとともに、傅選手のユーモアのセンスも少しずつ明るみになり、話題を集め始めた。中国の水泳界では、傅選手は「傅爺」とあだ名がつけられるほどとび抜けた「天然キャラ」で知られ、試合後などにその天然ぶりをいかんなく発揮している。

例えば、ロシア・カザン水泳世界選手権後に、傅選手が中国中央テレビ局(CCTV)のインタビューに応えた時の過去動画がこのほど見つかっている。それを見ると、インタビューの前に、傅選手が水着を整えようとすると、思いのほかゴムの弾力が強く、「バシッ」と体に跳ね返り、「痛っ!」と、顔をこわばらせており、その表情がとてもおもしろい。また記者からの「海外の女性選手は、夫が試合に付き添っているのを見て、羨ましく思うか?」という質問には、当時19歳の彼女は、「19年間ずっと彼氏もいないので、そんな楽しみはよく分からない」と答えている。

▼傅選手が好かれるワケ
インタビューで語っている言葉や微博でのコメントなどを見ると、傅選手は実は程合いを心得ている選手であることが分かる。彼女は以前「私は実は哲学者なの」と真剣にコメントした後に笑顔の絵文字をつけている。90後(1990年代生まれ)の彼女は、この年代の女の子が直面するストレスや成績、生活などに対して独特な表現方法を持ち合わせており、その姿かたちがどんなに変化しても変わらない本質とは、「ハッピー」をみんなと共有することなのだ。(提供/人民網日本語版・編集KN)