8日、韓国メディアは、サービスが「世界一」と言われる韓国の仁川国際空港で、利用客の市民意識の低さが問題になっていると報じた。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は仁川国際空港。

写真拡大

2016年8月8日、韓国・JTBCは、サービスが「世界一」と言われる韓国の仁川国際空港で、利用客の市民意識の低さが問題になっていると報じた。

休暇シーズンに入り、朝から海外へ行く人たちで混雑しているという仁川国際空港内に設置された椅子の上や下には、ペットボトルやティッシュなどのごみが大量に捨てられている。床につばを吐いたり、飲み残した水を捨てる人もいるという。また、数人分の座席を使って寝る人や、床に座って通行を妨げる人、荷物を運ぶためのカートに子どもを乗せる人も多く見られる。さらに、免税店でのショッピングなどを理由に搭乗時間に遅れてくるケースや、持ち込み禁止となっている物や免税限度を超える購入品を無断で機内に持ち込もうとするケースも続出している。

また、慢性的な駐車場不足のため、空港内には駐車代行業者が横行している。駐車代行は空港内での無断営業を禁止する航空法に違反しているが、業者の職員らは「違法ではない。空港が営業を許可してくれなかっただけ。客は空港を楽に利用するために我々に任せている」などと無理な主張をしている上、空港近隣の道路に無断駐車する業者もいるという。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「もっと大きな問題は、彼らが海外に行き、韓国の恥さらしをしているという事実。だから『登山服を着たマナーのない韓国人観光客』と言われてしまう」
「マナーのない人は全員、中国人観光客だと思っていたが、ごみを床に捨て、自分勝手にふるまっている人たちはみんな韓国語を話していた」
「ニュージーランドに行った時、街中には韓国語の案内板がほとんど見当たらなかったのに、空港には韓国語で『つばを吐かないでください』と書かれていた。本当に恥ずかしい」

「相変わらずの韓国人の素顔。これからもきっと変わらないだろう」
「こういうところは日本などの先進国を見て学ぶべき」
「韓国が日本に追いつく日はまだまだ先」

「韓国の空港に限った話ではない。むしろ外国の空港はもっとひどいよ」
「ごみを捨てているのは中国人でしょ?」
「なぜ床に座ったらいけないの?椅子がないのだから仕方ないでしょ?」(翻訳・編集/堂本)