Doctors Me(ドクターズミー)- 4つの種類のニキビ、自分で潰してしていいものは?

写真拡大

なかなか治らないニキビがあると「潰してしまったら治りが早いのでは?」と思い、潰したい誘惑にかられることもありますよね。でも「あとが残るから潰してはいけない」という話も聞きます。
今回は、ニキビの種類とそれを潰していいかどうかについて、医師に話を聞いてみました。

4つの種類のニキビとは?

ニキビには、大きく分けて4つの種類があります。今回紹介する以外にも、呼び方はいろいろあります。

1.白ニキビ
毛穴に角栓が詰まってふさがってしまったもの。閉鎖面皰(めんぽう)とも呼ばれることがあります。表面的には赤みはなく、白またはクリーム色がかっていることが多いです。初期段階のニキビといえるでしょう。

2.黒ニキビ
白ニキビと同じく、比較的初期段階のニキビに分類されるものですが、毛穴が開いてしまっていて、そこに汚れや皮脂の酸化物、メラニン色素などが入り込んで、黒く見えるものをいいます。
よく小鼻の周りなどに見られ、目立つので悩むかたも多いと思いますが、こちらはきちんとケアをすることできれいになる可能性の高いニキビといえます。

3.赤ニキビ
赤ニキビはやや深刻な状態です。毛穴に詰まった汚れ、皮脂にアクネ菌が繁殖してしまい、炎症を起こしたものをいいます。痛みや腫れを伴う場合も多いでしょう。
白ニキビや黒ニキビから赤ニキビに進行してしまう原因としては、つい気になったり、あるいは知らないうちにニキビの部分を爪でひっかいてしまい、雑菌が入り込むことなどがあげられます。

4.黄色ニキビ
赤ニキビがさらに進行してしまい、化膿して膿んでしまった状態をいいます。こうなってしまうと、つらいかゆみ、痛みが出ていることが多く、ケアを誤るとニキビあとも残りやすい状態であるため、この段階での自己流ケアはおすすめできません。

自分で潰しても問題のないニキビは?

ニキビを潰すことの可否については諸説ありますが、本来は皮膚を傷つけたり、雑菌が入り込んで状況を悪化させてしまう可能性が高いことから、いずれのニキビも、自分で潰すことは好ましくありません。

どうしても自分で行うのであれば、手指やニキビのある部分の皮膚をきちんと清潔にしてから行いましょう。また、ニキビの種類としては、比較的初期の白ニキビ、黒ニキビにとどめるべきだと思います。

あとがひどく残ってしまう可能性があるので、進行したニキビは決して自分で潰してはいけません。赤ニキビ、黄色ニキビは、決して自分ではいじらず、皮膚科で治療を受けることが大切です。

皮膚科で、医師がニキビを潰すことはありますか?

皮膚科で行う、面皰圧出術という、治療法があります。消毒したうえで専門の圧出器で細い穴を開け、内容物を絞り出すことによって、治りを早くするという方法です。

自宅で指で潰すのとは違い、感染したり傷が残るリスクは減ります。

【医師からのアドバイス】

ニキビができるとつい、気になって潰したくなる、という気持ちはよくわかりますが、一時的に膨らみはなくなっても、のちのち消えないあとに悩むこともありますから、くれぐれも慎重に行いましょう。

(監修:Doctors Me 医師)