ぐんと部屋がおしゃれに。黒板塗料でかんたんカフェ風インテリア

写真拡大

世の中、なにかとDIYブームが続いています。インスタやインテリア関係のSNSを見ていると、こんなものまで自分でつくってしまうの? とまるでプロのような仕事をする人もいて驚くばかりです。断捨離や収納の達人は無理でも、もうすこしおしゃれな空間にしたり、片づけ上手になりたい! という願望を常に抱いているのは私だけではないはず。
アイディア次第でおしゃれな空間に
そんな人におすすめしたいアイテムが黒板塗料です。ネーミングどおり塗るだけで黒板になってしまうという便利アイテムで、ペンキが塗れるものならなんでも塗れてしまうので、アイディア次第でインテリアや収納にも大活躍してくれるのです。
キッチンの吊り戸棚をチョークボードに仕立てる

yukoさん(@_yu_ko.a.r)が投稿した写真 - 2016 5月 31 6:14午後 PDT

海外のインテリア雑誌に登場するような広々としたキッチンや、タイル張りのかわいらしいキッチンはあこがれですが、現実はなかなかそうもいきません。清潔で、使い勝手がいいながらも生活感が出てしまうのは避けたいところ。
たとえば、キッチンの吊り戸棚を黒板塗料で塗ってみると、それだけでキッチン全体がまるでカフェのようなおしゃれな空間に生まれ変わります。賃貸なのでそんな大胆なことはできないと思っている人もいると思いますが、マスキングテープを下地に使いその上に壁紙やベニヤ板を貼れば、かんたんに現状回復が可能。好みのシートを貼るのも良いですが、黒板塗料を塗ってチョーキングボード仕立てにすれば、ぐんとおしゃれ感がでます。
古くなった冷蔵庫を、思い切ってペイント

RYOさん(@ryo.hashirano)が投稿した写真 - 2016 2月 24 3:31午前 PST

シロモノ家電の代表と言われる冷蔵庫は、キッチンの中で思いのほかスペースを占める存在。最近はずいぶんすっきりとしたデザインの冷蔵庫もありますが、古いデザインの冷蔵庫だったら思い切って黒板塗料でペイントしてしまうという手も。TO DO LISTや同居人へのメッセージボードとしても使えて、機能的にも便利。これで、ペタペタとマグネットでメモが貼られた冷蔵庫とはさよらならです。
まずはちいさなものから挑戦
棚や冷蔵庫など大掛かりなことはやっている暇がないという人は、小物をペイントするのがおすすめ。黒板塗料を塗るだけでモノに表情がでて、お部屋のすてきなアクセントとして活躍してくれます。

73(なみ)さん(@73cafe)が投稿した写真 - 2016 7月 31 2:47午前 PDT

植木鉢にペイントすれば、シックで存在感のあるポットのできあがり。お部屋のグリーンや多肉植物もぐんと映えます。

Reiko Uchikiさん(@ricoe0103)が投稿した写真 - 2016 7月 2 4:55午後 PDT

瓶の蓋の部分をペイントして、チョークで中身を書いて整理整頓。おしゃれな収納アイディアです。

manaさん(@teco0809)が投稿した写真 - 2016 8月 2 5:14午前 PDT

コレクションボックスを黒板塗料でペイントすれば、おしゃれなディスプレイボックスとして活躍してくれます。

Maki Saegusaさん(@chebro73)が投稿した写真 - 2016 6月 26 4:43午前 PDT

コルクボードをペイントして、コーナーを飾る額を作成。玄関やトイレに置いて、メモ書きとして利用するのもアイディアです。

Saki Tatsumiさん(@saki_ooo_)が投稿した写真 - 2016 6月 7 7:42午前 PDT

黒板塗料を塗れば、無味乾燥な蚊取り線香のケースもこんなにおしゃれに。これなら堂々と見える場所に置いておくことができます。
見れば見るほど、なんにでも大活躍の使えるアイテムだということがわかるはず。小物なら塗るのもかんたんで時間もかからないので、思い立ったらすぐに実践できるのもうれしいところ。きっと、アイディア次第でまだまだ活躍してくれそうです。
[Instagram]
photo by PIXTA

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。