アロマでできる虫除け対策!赤ちゃんにも安心なスプレーの作り方&使い方

写真拡大

お出かけの機会も増える夏休み、皆様はいかがお過ごしでしょうか。公園やプール、そして花火大会やキャンプ、海など、外出や、自然に触れ合う機会も増える時期ですよね。

­

そこで必需品になるのが虫よけスプレー。

しかし、薬局などにおかれている市販の虫よけスプレーには、神経毒性が懸念されており、実は使用回数に制限がある成分が主成分として使われているものがほとんどです。

­

できればそんなものは使いたくない!そんな方にお勧めの、夏のお出かけにはつきもののいやーな虫刺されの予防に使えるアロマをご紹介していきます。
虫よけ作用のあるアロマと言えばこれ!
虫よけ作用のある精油と言えば、まず挙がるのは「シトロネラ」。シトロネラには虫が嫌うシトロネラールという成分が多く含まれており、蚊を寄せ付けなくしてくれます。キャンプ用の虫よけキャンドルにもこの香りが使われているものがあるので、機会があったら探してみてくださいね。

­

次に上げるなら、ハーブティーでもおなじみの「レモングラス」。これにも虫が嫌うシトラールやシトロネラールが含まれており、主に蚊よけに効果を発揮します。ただし、作用が強い精油なので、特に肌に直接かけるような使い方をする場合は使用量を少なめにすることをお勧めします。

この精油やハーブは、抗菌作用や殺菌作用があることから感染症の予防に、またメディカルハーブとしては、健胃剤としても使われています。

­

もう一つ、代表的な虫よけ作用のある精油と言えば、「レモンユーカリ」。ユーカリ・シトリオドラ、というのが正式名称です。こちらの精油もシトロネラールを豊富に含んでおり、虫よけの作用に優れています。ユーカリの精油は数種類あり、それぞれ作用が違うので間違わないように注意してください。たとえば「ユーカリ・ラジアタ」は去痰作用に優れ、呼吸器系の症状の緩和に使用されます。

­

余談ですが、どれも殺菌作用があり、デオドラントにも使える精油たちです。この精油は虫よけにしか使えない!ということはありません。同じものでも様々な用途に使えるのがハーブやアロマの特徴なのです。
他にはないの?虫よけアロマ
上記にあげた3種類の精油の他に、虫よけとして使われるものに、ゼラニウムがあります。ゼラニウムは蚊の他にハエにも効果が確認されているとか!

­

他には、ラベンダー、ペパーミント、ローズマリーなど。虫よけ作用もありますが、上記に挙げた精油とブレンドするのをお勧めします。お好きな香り1種類でももちろん大丈夫ですが、ブレンドしたほうが香りの奥行きも出ますし、作用も広がります。

­

精油の使い方

代表的なものではアロマスプレーかなと思いますが、手軽に使うならブレンドオイルをハンドクリーム等に混ぜて練り香水のように使ったり、ハンカチなどにしみ込ませて持ち歩き、香りを纏うのも素敵ですよね。

­

アロマスプレーの作り方は、無水エタノール5mlに精油数滴をたらしよく溶かし、精製水45mlつぎ足す、というのが一般的です。どれも薬局で手に入りますのでよかったら作ってみてくださいね。あとは、最近スーパーで「油の溶ける水」というのを見つけたので(ミネラルウォーターです)、もし手にはいったらアルコールフリーの水だけで作れるアロマスプレーになりますよ!

­

ちなみにボディに使う場合、一般的には精油の合計で濃度2%が上限、と言われています(一種類につき2%ではない、というところに気をつけてくださいね)。ですが、まず濃度は薄めから、特に子どもに使用する場合には、0.5%〜1%での使用をお勧めしています。

­

濃度の計算については、精油のボトルにドロッパーというのが付いていて、1滴につき約0.05ml出てくるようになっていますので、それで計算してみてください。

­

さて、たくさん精油の名前を上げてみましたが聞いたことのある精油はありましたか?上記に挙げた精油をそろえるのは大変!という方も、この時期は虫よけ用にブレンドされたブレンド精油も出ています。メーカーによって香りが違いますので、お気に入りの香りを見つけてみてくださいね!

­

文/大石文枝

<プロフィール>

JAMHA認定ハーバルプラクティショナー、AEAJアロマテラピー検定1級、「ハーバルサロン 梛-nagi-」主宰。

自身がアトピーだったことに加え、妊娠・出産を経て薬を多用することに疑問を持ち、メディカルハーブを学び始める。”メディカルハーブやアロマを取り入れる、自然的で優しく心地よい生活”を実践中。

「ハーブやアロマを生活の中で活用していくための方法をお伝えしていきます」