CAに一目ぼれ…粘って愛を勝ち取ったワンコのラブストーリーが素敵

写真拡大

数か月に一度しか会えない相手を思い続け、ついにハッピーエンドを迎えたラブストーリーが話題になっています。

街で出会ったCAに一目ぼれ

主人公は犬のルビオ。

アルゼンチン・ブエノスアイレスの街をすみかとしていた迷い犬だったそう。

ある日、キャビンアテンダントのオリビア・シーバーズさんがフライトでブエノスアイレスに行き、街でルビオと出会いました。

ドイツの自宅に2匹の犬を飼うなど、元々動物好きのシーバーズさん。

ルビオに餌を与え、少し遊んだそうです。

宿泊ホテルのエントランスに寝泊まり

しばらくしてホテルに帰ろうとしたシーバーズさんでしたが、ルビオがついてきて離れなかったそう。

「ついてこないように道を変えてみたけれど、いつも戻って私の後をついてくるの。誰かがかまってくれたのが嬉しかったのね」とシーバーズさん。

Olivia Sievers / Facebook

Olivia Sievers / Facebook

ルビオはシーバーズさんが泊まっていたホテルのエントランスの外に寝泊まりするようになりました。

次のフライト時にも同じ場所で…

しばらくしてシーバーズさんはドイツへ戻りました。そして数ヵ月後、またフライトでブエノスアイレスを訪れると、ホテルの同じ場所にルビオが……。

Olivia Sievers / Facebook

Olivia Sievers / Facebook

その後も何度か同じことが繰り返されました。

シーバーズさんは保護団体に頼み、ルビオに新しい飼い主を見つけてもらうように手配しましたが、ルビオは逃げてホテルのドアの前に戻ってきたのだそうです。

そうしているうちに、シーバーズさんの中でもルビオは欠かせない存在となり、とうとう引き取ることを決めました。

Olivia Sievers / Facebook

Olivia Sievers / Facebook

様々な手続きを終え、8月の始めに、ついに新しい我が家へやってきたルビオ。

友だちとも仲良くなり、すっかりリラックスして暮らしているようです。

Olivia Sievers / Facebook

Olivia Sievers / Facebook

Olivia Sievers / Facebook

Olivia Sievers / Facebook