理研ら、スパコン「京」と最新鋭気象レーダーで30分先のゲリラ豪雨を予測する手法を開発

写真拡大

理化学研究所(理研)、情報通信機構、大阪大学などによる国際共同研究グループは8月9日、スーパーコンピュータの「京」と最新気象レーダーを利用した『ゲリラ豪雨予測手法』を開発したことを発表しました。

高精度な天気予報シミュレーションによりゲリラ豪雨の動きを細かく再現し、30分後までのゲリラ豪雨を予測できるようになったとしています。スーパーコンピュータを使った天気予報シミュレーションでは、1km範囲の粗い解像度で、1時間ごとに観測データを更新する仕組みを用いています。その方法では、数分の間に積乱雲が急激に発生・発達するゲリラ豪雨の予測がしづらいうえ、ゲリラ豪雨を引き起こす積乱雲を十分に解像できません。

そこで同グループは、最新鋭気象レーダー「フェーズドアレイ気象レーダー」と、スーパーコンピュータ「京」を組み合わせました。同レーダーで実測した膨大なデータと「京」を使った高精細シミュレーションにより、解像度100mで30秒ごとにデータを更新し、30分先までの天気予報を可能にしています。



シミュレーションデータと実測データの双方を組み合わせることを「データ同化」と呼びますが、本研究では、従来より桁違いに高速に膨大なビッグデータを扱うことから「ビッグデータ同化」と称しています。

データ更新頻度は30秒のため、「ビッグデータ同化」の計算も30秒以内に完了する必要がありますが、現段階ではおよそ10分かかっています。今後はデータ転送や計算の高速化により、さらに高精度かつリアルタイムなゲリラ豪雨予測を実現するとしています。

なお、今回の研究成果は、8月末に米国の科学雑誌「Bulletin of the American Meteorological Society」(8月号)に掲載される予定です。