『春の呪い』(小西明日翔/一迅社)

写真拡大

 久しぶりに、読みごたえのあるマンガに出会った。……というのが、『春の呪い』(小西明日翔/一迅社)の率直な感想である。読者の好き嫌いはあるかもしれないが、私はこういう「息が詰まるような」雰囲気を醸し出し、読み手の心を深く刺すような作品が大好きだ。

 本作は著者のデビュー作でありながら、発売後すぐに緊急重版をしたという話題作だ。どうしてこれほどまでに、読者の支持を得られたのだろうか? 理由の一つとしては、登場人物の複雑な関係と、そこから生み出される「葛藤」がポイントではないかと思う。

 主人公の夏美(なつみ)は死んだ妹の婚約者、冬吾(とうご)と付き合っている。これだけでも「え?」と思う設定だが、決して夏美は冬吾が好きなわけではなく、むしろ亡くなった妹の春を愛していたのだ。

 夏美の両親は幼い頃に離婚し、現在は実の父親とその再婚相手、そして二人の間に生まれた弟と暮らしている。実父は別れた妻に似ている夏美を疎んでいて、関係は良くなかった。だからこそ、夏美にとって「本当の家族」は妹の春しかおらず、夏美は「いつか二人で一緒に暮らそう」と幼い日に妹と交わした約束を希望に生きていた。

 だが、その春を奪ったのは、突如現れた冬吾。彼は由緒ある家柄の男性で、同じ血筋の女性と結婚することを求められ、遠縁の春がその候補に挙がった。時代錯誤な「政略結婚」で恋人同士となった二人だったが、春は冬吾が大好きだった。つまり夏美にとって、冬吾は「大切な妹を奪った相手」だったのだ。

 そこへ、春は病で命を落としてしまう。夏美にとって世界の全てだった妹が、永遠にこの世から去ってしまった。春が最期に遺した言葉は「冬吾さん」という一言。春のことを誰よりも幸せにできると思っていた夏美にとって、それは「呪い」とも言うべき、忘れられない言葉となった。

 春が死に、冬吾から「妹が死んだので、その姉と付き合ってみたらどうか」という話が家中で出ていると聞かされた夏美は、春を愛するばかりに「妹と二人で行った場所にわたしを連れて行ってほしい」と条件をつけ、交際を始めることになる。

「愛する妹を奪った男性と付き合っている」
「妹が愛した男性と付き合っている」

 夏美にとって、それは苦悩と罪悪感に満ちた関係の始まりだった。

 と、これだけでも登場人物の特殊な関係に興味をそそられる作品なのだが、さらに複雑になってくるのは、「冬吾は夏美に好意を持っていた」という事実。夏美は春が好きで、春は冬吾が好きで、冬吾は夏美が好きという、なんともおかしな三角関係になっているのだ。

 その三角関係は春の死によって終わりを迎え、夏美と冬吾の「恋人関係」が始まるが、こんなにも歪(いびつ)に出来上がった関係は、簡単に二人を幸せにはしてくれない。

 そんな中、夏美はとあるSNSの記事を見つける。闘病ブログのようなそれを見ているうちに、夏美はその記事を書いたのが春だと分かり……、本作は2巻へと続いている。夏美の葛藤が語られ、冬吾の視点からも想いが語られるが、2巻ではついに春の隠された想いが明かされるのか? と、今から続きが楽しみだ。

 ここまで読んで、「こういうドロドロした話はちょっと……」と思われた方もいるかもしれない。確かに設定は昼ドラのようなところもあるが、実際は登場人物たちがメソメソしているだけの暗い話ではない。

 むしろ、主人公の夏美はテンションが高く明るい女性で、冬吾は淡々としてクールな男性だが、天然っぽいところもある。この設定の「苦しさ」に相反した明るい夏美のキャラクターが印象的で、本作はより一層面白くなっているのだ。

 これから夏美はどうなるのか。冬吾と幸せになれるのだろうか。それとも全く別の道を歩むのか。ドキドキしながら、続きを待ちたいと思う。

文=雨野裾