『MdN』2016年9月号

写真拡大

 2016年8月6日(土)に発売された『MdN』2016年9月号では、映画や漫画のリメイク、続編作品における新旧キャラクター造形を検証した「名作デザインを再構築するキャラクターのリ・デザイン」の特集が組まれている。

 リメイクやリブード、続編、マンガやアニメの実写化、またはその逆など、今の時代、こうした作品を目にする機会も増えてきている。そこに登場するキャラクターの新旧の造形の違いは、見ていても不思議とワクワクしてくるものである。そこには、オリジナルに敬意を払いつつ、その時々の流行や時代情勢などの空気感を反映し、キャラクターが刷新される様が見てとれるからではないだろうか。

 同書ではこういった「キャラクターのリ・デザイン」を紐解き、検証している。今回はその中からほんの一部、その内容をご紹介しよう。

ゴジラのリ・デザイン
〜映画『シン・ゴジラ』キャラクターデザイナー・インタビュー〜
監督・庵野秀明の元、「大いなる恐怖」を与える存在としてリ・デザインされた「シン・ゴジラ」。新しくもありクラシックなその造形製作の過程を、ゴジラの雛形を製作した造形作家の竹谷隆之にインタビュー。歴代ゴジラの造形の違いも解説。

ウルトラマンのリ・デザイン
〜マンガ『ULTRAMAN』作者インタビュー〜
日本を代表する名キャラクター「ウルトラマン」。そのウルトラマンを徹底的にリ・デザインしたマンガ『ULTRAMAN』はいかにして生まれたのか? 作者の清水栄一氏に制作の裏側を直撃。

マーベルのリ・デザイン
「キャプテン・アメリカ」「アイアンマン」「ハルク」「ソー」「スパイダーマン」「ブラック・パンサー」など数々のヒット作で知られるマーベルの映画。原作のアメコミらしさはそのままに、現代的に洗練されたデザインで再構築されたマーベルのヒーロー(アベンジャーズ)たちのビジュアルを検証。

名キャラクターの名リ・デザイン10選
「人造人間キカイダー」「フランケンシュタインの怪物」「バットマン」「スーパーマン」など、名キャラクターにはリ・デザインがつきもの。そんな名キャラクターたちの新旧の造形を検証。

西洋絵画におけるキャラクターのリ・デザイン
キャラクターのリ・デザインを古くから行ってきた分野が西洋美術。リ・デザインの累積そのものと言える西洋絵画のキャラクターのうち、「スフィンクス」や「セイレーン」を例に、その大胆な変貌っぷりを紹介している。

※掲載内容は変更になる場合があります。