主人公のえいむちゃんとろめ子ちゃん (画像はGame*Sparkより)

写真拡大

ゲーム好きな女の子たちを主人公に、ゲーマーなら誰もが「あるある」と思ってしまうネタをコミカルに描いたWEB漫画『じゃんげま』の薄い本を作ろうという企画がクラウドファンディングサイト「Makuake」にてスタートしました。

【フォトギャラリー】人気WEB漫画「じゃんげま」えりむ&ろめ子のビジュアルほか(画像3点)

『じゃんげま』はゲームメディア「Game*Spark」にて連載されている作品で、「えいむ&ろめ子」のコンビをメインとしつつ、ゲーマー向けにコアなネタのパロディやオマージュを詰め込んだフレンドリーファイヤー系学園コメディ。

「Game*Spark」と「ニコニコ静画」にて、これまでに全51回(おまけ除く)が公開され、総閲覧数は100万回を突破したそうです。

今回のプロジェクトでは「ストーリー読み切り小冊子化」を目指して、目標金額は50万円を設定。フルカラー仕様・全20ページ(本編15ページ/PDF版は19ページ)の薄い本を作る予定となっており、「えいむ&ろめ子」を中心としたオリジナルショートストーリーが描かれるそうです。

ユーザーは500円から50,000円までのコースから好きなものを選べるようになっており、500円以上の支援でPDF版薄い本、1,000円以上の支援で印刷された物理版薄い本がリターンとして用意されています。

また、支援額に応じて「ラバーマスコット」や「ステッカー」、さらには『じゃんげま』に登場する新キャラのデザイン権など、さまざまな特典が用意されています。