■連載/カーツさとうの最強サウナ熱伝

駄目サウナから良質サウナが見えてきた! 
(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

 久しぶりに、

「こりャあ駄目サウナだな…」

 と、つくづく思ってしまうようなサウナに入った。

 しかし、その駄目サウナに入ることで、どういうサウナだと人間は気持ちよくなれるのか? というたとが、ものすごくわかった! ようするに反面教師的学習をしたワケだけど、今回はその駄目体験と、そこから見えてくる『いいサウナってなんなんだ?』という話。

 以上、わかりやすい前書きでした。

 問題の駄目サウナ。もう駄目すぎちゃって文句ばっかになるんで、名前はもちろん、イニシャルによる仮名も書きません。新宿区にあるサウナとだけいっておく。

 なにが駄目って、とにかくサウナ室がひどすぎる。温度は100度前後なんだけど、とにかく湿度が低すぎる! いやもう“低い”なんてレベルじゃなくて、乾燥注意報発令中である。

 その感触は、サウナ室に入っているというよりも、もはや焚き火に当たっている感覚といってもいい。赤外線のサウナストーブに向いてる肌がただただピリピリと熱いだけ。それでも温度は100度あるんで汗は出てくるけど、なにか体の芯まで温まってこない。

 ただ、その時は別になんとも思わなかった。過去に、ここまでとはいかないまでも「焚き火じゃねかよ!!」ってい思っちゃう乾燥サウナは何度も経験したことがある。しかし、そんなサウナ室でも、その後に水風呂に入れば“ある程度の気持ちよさ”は絶対に体感できていたのだ。“最上の気持ちよさ”にはならないまでも、この時も“充分気持ちよかった…”ってな気分でサウナを後にするだろうと思っていた。

 ところが今回だけは違った!

 いまいちのサウナを出て水風呂に入る。そして驚いた!!

 サウナ室が駄目だったのに、なぜか水風呂だけはキンキンに冷えていたのだ。

 水温系を見ると15度!! サウナーとしてはかなり“ありがたい”レベルの冷水である。この水風呂に体を沈めた瞬間、

「こりゃあ、サウナはダメだったけどトータル的にはけっこうイイぞ!!」

 その時は、そう確信したのだった…。

『いつになっても訪れぬ快感。そして発見!』

 2分ほど体を冷やしに冷やし、水風呂の横にあったベンチで休憩に入る。しかし、なんか体がシックリこない。これだけ冷たい水風呂にはいったら必ずやってくる、

「お〜なんか気持ちいいぞ〜!!」

 という無我の境地がいつになっても訪れない。おかしいと思って、2セット目に入る。それでもまったく気分はのってこない。おかしいおかしい思いつつ3セットしても、それでもまだ駄目!

「もういいわ、こんなサウナ!!」

 と思って、服を着ている頃に、なんでこのサウナがこんなに駄目なのかハッキリとわかってきた。

 バランスである。

 熱さと冷たさがまったくバランス取れてないのだ!

 思い返して見れば、過去に入った湿度が低く、いまひとつ体が温まらないサウナ室のあるサウナ(銭湯のサウナの場合が多い)は、水風呂も冷たさがいまひとつで20度前後なんていうところがほとんどだった。

 すると、両方とも中途半端な分、最終的にはバランスが取れちゃってるんですね。だから最後には“最上”といかないまでも、ある程度の気持ちよさは体に訪れる!

 サウナ室に入ることで体は“熱”側に振られる。そして水風呂で“冷”側に振られ、その後に休憩することで、体はちょうど“熱”と“冷”の中間に戻ってきて、そこで気持ちよさがやってくる。

 やってはくるんだけど、その振り幅が“熱”と“冷”で同じレベルにないと、最終的に中間に戻ってこないというワケですよ。

 だからこの駄目サウナの場合、“熱”側にはまったく振られてないのに、“冷”側にだけ振られてしまい、最終的に中間地点に戻って来なかったというワケですよ。

 ウンチク的なこと書くと、“熱”側に振られた時には交感神経が亢進し、“冷”から出て休憩してる間のリラックスが副交感神経を亢進させる。ところが、このサウナの場合、そのバランスが崩れてたんで、交感神経と副交感神経のバランスまでもが崩れちゃったというワケだ!

『フジテレビとはなんの関係もなくバイキング!!』』

 名サウナっていうのは、サウナ室ではガッチリと体が温まるんで、当然“熱”側への振り幅は大きい。そして当然のように水風呂も冷えてるんで“冷”側への振り幅も大きい。そんな遊園地のバイキングっていう乗り物あんじゃないですか? アレみたいな振り幅のスイングをセット数がけ繰り返して、最後は中間に納まるというワケですよ。

 グワングワン揺らされて、最後に中間に安全に着地することで気持ちがいい!!

 これがちょっとした気持ちよさの普通サウナだと、バイキングではなく公園のブランコなワケですね。振り幅は小さいけれど、結局最後は中間に戻る。

 でも今回オレが行ったサウナの場合は、片方側にしか振られないブランコみたいなもんなワケですよ。それどころかそのブランコ、最後くらいは中間で静止するかと思いきや、チェーンが切れて反対側に飛んでいっちゃった!

 そりゃあ気持ちよくないの当然だわな。

 ようするに、サウナで一番大事なのは……というよりも最低条件ですね。最低条件は“熱”と“冷”の振り幅のバランス! そのことを、この駄目サウナで身をもって感じさせていただきました。

 そしてそのバランスの取れた振り幅が大きければ大きいほどナイスサウナになり、小さければ小さいほどちょいダメサウナになる。そしてバランスが取れてないサウナは“それ以前のサウナ”っていうことである。

 だから、水風呂を冷やすチーラーがないようなサウナは、夏なんかどうしても水風呂の温度がヌルヌルになっちゃうんだから、もうその時はサウナ室の温度設定を少し低めにして“熱”と“温”のバランスを取った方がいいのではないか?

 いや“熱”側の振り幅が大きい時は、水風呂にジックリ入いればどうにかなるのか? となると、“冷”側の振り幅だけが大きい今回の駄目サウナでも、水風呂に入る時間を短めにすればいいってことか?

 いやいやいくらいくら長時間入っても、ヌルヌルの水風呂はシャッキリこないので、バランスとしてはどこか崩れたものにある。
 
 逆に、冷えすぎないように短めにしても、冷たい水に入ると肌や汗腺は一瞬にしてキュッとしまるので、これもバランスとしてはイビツになるハズだ。

「じゃあバランス合ってるっていうなら、サウナ室は60度、水風呂は28度ってどう?」

 なんていう意見もございましょうが、“冷”側はいくらヌルくても“20度以下”。“熱”側は、それにバランス取れた体感温度。これが最低条件ということで許していただきたい!

 欲を言うなら“冷”が16度以下で、それにあった“熱”バランスなら最高! ようするにサウナは大きく振れるバイキングに限るってことですよ、北欧だけに! これを『サウナのバイキング理論』と名づけよう。あ〜今回一貫してマジメに書いたけど、締めはキレイだったな。

駄目サウナから良質サウナが見えてきた!

文/カーツさとう

コラムニスト。グルメ、旅、エアライン、サブカル、サウナ、ネコ、釣りなど幅広いジャンルに精通しており、新聞、雑誌、ラジオなどで活躍中。独特の文体でファンも多い。

■連載/カーツさとうの最強サウナ熱伝