「夫婦でSNS」のメリット・デメリット8

写真拡大

若い世代だけの流行ではなく、もはや老若男女にまで広がっているTwiiter、Facebook、LINEなどのSNS。距離が離れている恋人や、あまり会えない友だちの近況を知ったり、同じ趣味を持つ友だちを探したりと使い方によっては、便利なコミュニケーションツールですが、夫婦で利用している人はどのくらいいるのでしょうか。

Q. ツイッターやFBなど、夫婦でSNS上でつながっていますか?

・はい……36.1%
・いいえ……63.75%

つながっていないという答えの方が約61%と多い結果になりました。それぞれの理由と、つながっている場合のメリット・デメリットも聞いてみました。

■夫婦でSNSを利用

●メリット

・「夫の投稿を確認できる」(39歳女性/ 学校・教育関連/その他)

・「お互いアップしてるから。楽しい」(29歳女性/ 警備・メンテナンス/事務系専門職)

・「子どものことを載せることが多いので、子どものことが旦那によくわかる!」(29歳女性/その他/その他)

・「人前では話せないことをつぶやける」(36歳男性/医療・福祉/専門職)

忙しくてあまり家にいる時間のない夫に、子どもの写真をのせて近況を投稿すれば、夫が好きなときに子どもの様子を見ることができ、話題を共有できていいですね。また、ちょっとしたつぶやきでお互いの苦労を知ることができるのもメリットという意見があがりました。

●デメリット

・「すべてのプライバシーがなくなる気がする」(28歳 女性/その他/その他)

・「行動がばれるので、結婚してからはお互いFB放置になってます」(36歳女性/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「彼女とのやりとりがバレそうなのがデメリット」(36歳男性/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「妻への愚痴をほかの人と共有できないのはデメリット。酒を飲まないので、すぐ帰宅してしまうので誰かと共有したいな、とは思ったことがある」(31歳男性/その他/その他)

個人情報の管理をきちんとしないと、自分の情報が駄々漏れになるのが最大のデメリットといえます。Twitterでは愚痴をつぶやき、Facebookではリア充を自慢するという風に使い分けているという話も聞きました。

■夫婦でSNSを使っていない

・「興味がないから」(33歳女性/ 医薬品・化粧品/営業職)

・「SNSを利用していない。あると何かと面倒そうなので」(36歳女性/その他/その他)

・「束縛されない、されたくない」(29歳男性/機械・精密機器/その他)

・「毎日話しているのに、わざわざバーチャルでつながる意味がない」(38歳男性/学校・教育関連/販売職・サービス系)

夫からは、もともと妻が使っていれば、やっていたかもという声も上がりました。SNSに対する感覚的な好き嫌いも影響しているようです。近すぎてつながる必要がないと思うや、つながっていたら好きなことが書けないなど、夫婦間でもプライバシーは守りたいという意見が多く聞かれました。

■まとめ

SNSは便利なツールとして使いこなせば、メリットはありますが、誰が見るかわからないので自分の投稿の管理をしっかりすることなど、面倒なこともあります。単純に連絡ツールとして使うのなら夫婦間でも便利だし、無料で使える機能もあるので経済的です。ただし、お互い束縛されていると感じるようならやめたほうがいいかも。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月8日〜7月10日
調査人数:407人(22歳〜39歳の男女)
※画像はイメージです

(フォルサ/岩崎弘美)