いくらもウニもこぼれる「ウニフェス」メニュー

写真拡大

イートジョイ・フードサービスは、「毎日!北海道物産展 ネオ炉端 道南農林水産部」(愛知県名古屋市)にて、強烈なビジュアルの「いくらのこぼれ飯“追っかけ”ウニバージョン」をはじめとするウニメニューが満載の「ウニフェス」を開催している。

この「ウニフェス」は、産卵のために限界まで蓄えた栄養である“濃厚な旨み”を楽しめる、まさに旬の今、1年のうち3週間だけ行われるイベント。同店はウニの食事である昆布が美味しく育つ、北海道・松前や積丹を中心に契約しており、せり人による目利きで、見入りの良いものだけ厳選して生きたまま仕入れているという。

目玉メニューのひとつ「いくらのこぼれ飯“追っかけ”ウニバージョン」(2,980円)は、同店名物のいくらを「ストップ」と言うまで入れ続ける「いくらのこぼれ飯」に、フェス限定でウニまでこぼすもの。

また、毎日先着5組限定のイベントとして、自分がすくったウニの分だけ食べられる「ウニのすくい取りイベント」を実施するほか、「七輪炙り焼き」(980円)、「殻ごと『ウニ』の刺身」(580円)などのメニューも用意した。