JR東日本が台湾・台北駅で初の駅弁販売へ

写真拡大

JR東日本と台湾鉄路管理局は8月12日から、台湾・台北駅構内において、JR東日本グループの日本レストランエンタプライズ監修の駅弁3種類を販売する。販売期間は8月31日まで。

これまで台湾では、イベントで日本の駅弁が販売されたことがあり好評だったそう。そうした反応を受けて、今回初めて台北駅の構内で販売することが決定した。

販売するのは新幹線E7系の形の弁当箱で見た目も楽しい「E7系新幹線弁当」(250元)、ちらし寿司や天ぷら、煮物、和菓子など日本ならではの料理を詰め込んだ「日本のおもてなし弁当」(250元)、東京の名物駅弁「深川めし弁当」(250元)の3種類だ。

駅弁売店オープンに際してはセレモニーを行い、駅弁購入者の先着200人に日本の鉄道フィギュアをプレゼント。また、8月23日には「東北感謝祭」と題したイベントを開催する。