「賞金女王」の肩書きを持つプロゴルファーが、まったくの別人に入れ替わってしまったのではないか――。今の森田理香子(26歳)のゴルフを見ていると、そう思えて仕方がない。

 2009年にツアー本格参戦を果たした森田は、いきなり賞金ランク27位となってシード権を獲得。以降、コンスタントに結果を残して、3年前の2013年には絶頂期を迎えた。年間4勝を飾って、横峯さくら(30歳)との熾烈な争いを制して、初の賞金女王に輝いた。

 だが、その翌年からは「賞金女王」としての存在感が薄れていった。2014年には1勝して賞金ランク16位という成績を残すも、2015年は未勝利に終わって賞金ランクは20位まで下がった。シード権こそ獲得していたが、不振の状態にあることは誰の目にも明らかだった。

 迎えた今季、森田は横浜ゴムが展開するPRGR(プロギア)と用具使用契約を結んで心機一転を図った。「女王、復活」を期待する声も膨らんだ。が、ふたを開けて見ると、ここまで19試合に出場して半分以上の11試合で予選落ち。ヤマハレディース葛城の19位タイが今季の最高位で、賞金ランキングは75位(8月8日現在)。シード権獲得さえ、かなり危うい状況にある。

 かつて、眩しいほどのスポットライトを浴びていた森田。今やその輝きは見る影もない。

 そうした状況にあって、試合会場ではなかなか声を掛けづらかった。しかしそんなときだからこそ、森田が今、どのような心境にあるのか、聞いておかなければいけないような気がした。

 練習後に声をかけると、森田は足を止めて、今の自身の状態についてゆっくりと話し始めた。

「(ゴルフの調子は)よくなったり、悪くなったりを繰り返していますが、少しずつ成長していると思っています。いいときよりも、悪いときのほうが得るものが多いと思って過ごしています(笑)。人生の先輩たちも、『悪いときのほうが多いし、いいときなんて人生のほんの少しだよ』って言ってくれていますから」

 相当落ち込んでいるのかと思いきや、意外にも森田は冷静で、今の悪い状況もしっかりと受け入れていた。

「つらいことがあっても、優勝すれば、それで忘れちゃいますよね。私にも、かつての輝きがあるから、しんどいことも続けられるんです。もちろん、ゴルフが仕事っていうのもありますけど。ただ、自分の状況が悪くなって、自分の技術や自らの内面とも向き合うことが多くなりました。日々、反省することがすごく多い」

 フーッとひと呼吸置いて、森田が続ける。

「悪くなって一番考えさせられることは、自分自身のことをどう理解しているのかってことです。賞金女王を獲ったときは、自分のことは何も理解していませんでした。例えば、今までは自分にはどういう癖があるのかとか、考えたこともなかったです。普通にやっていれば、スコアは出たし、ドライバーショットが曲がっても『曲がっちゃったなぁ』って思うくらい。スイングの修正はしても、そこまで深く考えることはなかったです。それでもうまくいっていたので......。

 私は今まで、感覚をすごく大事にしてきましたけど、むしろ感覚でしかやってこなかった。理論も何も知らずに、感覚だけでやってきたので、つまずいたときに苦労した。そこで初めて、理論を勉強するようになりました」

 森田は日々、こんなにも悩み、さまざまなことを考えて過ごしていた。そのことにちょっと驚いた。

 賞金女王になった3年前は、取材陣からの質問に対して、淡白な回答で終えることが多かった。賞金女王の座を目前にして、ナーバスになっていたこともあるのだろう。そうした質問に関しては、なるべく避けたいというオーラが全身からにじみ出ていた。

 どこにいてもその動向が注目されるのは、スター選手の宿命だ。それが今、スポットライトからやや離れた場所にいることで、森田はゆっくりと自分のことについて考える時間ができた。それは彼女にとって、貴重な時間になっているのではないだろうか。

「こんな状況にあっても、もっと上に行きたいという思いがあるし、成長するためには(この状況も)必要なことだと思います。だから、『試練を与えてもらったのかな』とプラスに考えられています。現状のままでいいのであれば、そういうことも考えないし、ゴルフをやめるのもありですしね」

 ゴルフをやめようと思ったことがあった――森田は、確かにそう言った。

「やめたら『すごく楽になる』とは思いました。やめようと思ったら、すぐにやめられますよね? 『試合に出ない』って言ったら、やめられますから。でも、やめたいと思っても、結局また(ゴルフを)やっている自分がいるんです。だったら、『どういうふうにすれば、もっとよくなるんだろう』とか、『どこを直していけば、いいんだろう』とか、いろいろとプラスになることを考えています」

 目の前で起きていることを前向きに捉え、いつか再び輝く日が来ることを信じている森田。それでも、すぐによくならないのが、ゴルフというスポーツの難しいところだ。

「誰にでもなり得る状況に、まさか自分がなるとは思っていなかった」という森田には、何が不調の原因なのか、よくわかっていた。それは"アプローチイップス"だ。

 そのことを認めるにも認められなかったのは、「賞金女王」という呪縛にとらわれていたからだ。その肩書きとプライドが邪魔をした。森田が、今まで誰にも話したことのない本音を吐露し始める。

「私は感覚で、しかも点で打つタイプだから、イップスになりやすいと言えば、なりやすいんです。でも、そういうことを考えたことがなかったですし、(イップスに対する)恐怖心もありませんでした。だから、予期せぬ事態というか、最初はもう『どうしよう、どうしよう......』っていう感じでした。

 だけど、『どうしよう』じゃあ、前に進めない。そこで、まずはその状況を受け入れて、次は何をしたらいいかを考えるようになりました。そうやって、今では段階を踏んで前に進めるようになってきたんです。最初は(イップスに陥ったことが)すごく恥ずかしかったんですよ」

 まさか森田が、ここまで踏み込んだ話をしてくれるとは想像もしていなかった。しかも彼女は、自らが裸の王様ならぬ"裸の元女王"だったと告白したのだ。

「他人に言うのも恥ずかしいし、イップスと思われたくないっていう気持ちがありました。それが今年1月のオフ、グアムでプロ野球選手たちと一緒にトレーニングをする機会があったんです。そこで、『イップスでしょ!』ってストレートに言われて......。『あっ、バレてる』って」

 森田は、その野球選手にこうも言われたという。

「『イップスは恥ずかしいことじゃないよ。ゴルフ界だけじゃなくて、野球界でもあることだからね。誰にでもなり得ることだから、恥ずかしがることじゃないよ』って。そして、それを受け入れて、克服していくことが大事だと」

 それから、森田の心構えは一変した。自分の状況を他人に言えるようになり、同じプロゴルファーにも「私、実は怖いんです」と正直に話した。そのときの周囲の反応は、特に驚きもせず、しっかりと話を聞いてくれたという。

「賞金女王になった自分がイップスになっていることが、もし世間に知れ渡ったらどうしようって、内心どこかで怖がっていました。そのことを考えると、すごくしんどかった」

 しかし今は、ありのままの自分を受け入れることで、むしろ精神的には楽になった。現状の実力を受け入れて、目標も低く設定している。

「頂点にいたのは、過去の自分の成績であって、今の自分は予選を通ることが精一杯の状態。だから、今の第一の目標は予選通過。そして予選を通過したら、次の目標は40位以内に入りたいとか、そういう段階を踏めるようになってきました。当初は、イ・ボミ選手(27歳/韓国)とか、上位の選手と自分も戦ってきたイメージがあるから、そういう選手たちの活躍を見ると、(低迷する自分と比べて)ちょっとしんどくなるときがありました。でも、『いやいや、それは違うよ。あなたは今、そこのレベルにないからね』って自分に言い聞かせて、前に進もうと思っています」

 現在の自らの立ち位置を理解し、森田は一歩、一歩、前に進もうとしている。とはいえ、このまま上位入賞もままなければ、賞金シードを失って、クォリファイングトーナメント(QT)に進むことも考えられる。そういった怖さや不安はないのだろうか。

「シードが獲れなかったら、そのときにまた考えます。QTに行ったら、そのときにまた考えればいい。今はとりあえず、予選を通過していくことが大事です」

 26歳の森田。苦労を乗り越える過程で精神的に大きく成長したのだろう。案外、肝っ玉は据わっている。彼女はやはり、トッププロであり、一流のアスリートである。プロとしてやるべきことは怠っていない。

「今はストレスをため込まないように、じょうずに休むことを考えています。やることをやって、休む。今まで、休むということがあまりできなかったんですよ。トレーニングをして、練習をして、『休もう』っ言われたら、休めるようになりました。

 たぶん、プレッシャーとか、ストレスのせいもあると思うんですけど、昔に比べて体もしんどくなってきています。疲れて、体に出てくる症状も20代前半とは違ってきているので、そこをどうコントロールするのか、それが今(自らに)すごく求められていると思います。そういう意味では、自分の体質を知るいい機会。30歳までにまた、どういう状況になるかわからないですが、きちんと体調管理をして、自分の癖も知っておけば、より長く競技生活を送ることができると思っています」

 森田に今、話を聞いてよかった。こちらが思いも寄らぬことを彼女は考えていて、ここ数年間はこちらが想像する以上の苦悩を味わっていたのだ。

「あ〜、喋りすぎちゃった(笑)」と、おどけてクラブハウスへ戻っていった森田。その背中が、少したくましく見えた。女王復活への序章は、まだ始まったばかりだ。

text by Kim Myung-Wook