もっとめくりたくなる!“ふち”がペラッとスライスされたデザインのお皿が個性的

写真拡大

食器には料理を引き立てるという役目がありますが、今回ご紹介するプレートは自らが主役となりそうな個性派。

英国のアーティスト、Beccy Ridsdelさんが手がける作品です。

・これ柔らかいの…?

main-(9)

3Dの磁器シリーズ「Under the Surface sculptural porcelain dish」は、まるでお皿がスライスされたような形状が特徴。

プレートの端がきれいに切り取られたようになっていて、下から別の柄がのぞき見えるという独特なデザインです。

main

シンプルなデザインの内側に、カラフルな絵柄が隠されているのがポイント。

main-(12)

硬質な素材であるはずなのに、柔らかさが感じられるから不思議です。

目の前にあったら、思わず切れ端をもっとめくってみたい、という衝動に駆られそう…!

・食器のコレクションに加えたい!

main-(7)

3Dの造形について学んだ経験のあるBeccyさんならではの、ユニークな発想から生まれたこのプレートは、ショッピングサイト「Folksy」で購入することも可能。

main-(10)

サイズはどれも直径約15cmで、価格は80ポンド(約1万円)です。

気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

Beccy Ridsdel

http://www.beccyridsdel.co.uk/index.htm

Folksy

https://folksy.com/shops/beccles

・デザイン(まとめ)