京都・嵯峨野から丹波亀岡まで、保津川渓谷沿いの7.3kmを結ぶレトロな観光列車

写真拡大

京都・嵯峨野から丹波亀岡まで、保津川渓谷沿いの7.3kmを結ぶレトロな観光列車、嵯峨野トロッコ列車。客車は5両編成で、5号車には窓ガラスをすべて取り外したオープン車両の“ザ・リッチ号”が接続されているので、四季折々の渓谷の雰囲気を肌で感じることができる。春には桜、目にも鮮やかな新緑の初夏、秋には紅葉と四季の彩りに囲まれた渓流、保津川渓谷に沿って広がる癒しの風景を楽しもう!

【写真を見る】桜の花びらが風に舞い、車内に入ってくるのもオープン車両ならでは!見ごろは4月上旬

■ 春の絶景!見ごろは4月上旬

桜並木のトンネルを抜けるように走るトロッコ列車。桜の花びらが風に舞い、車内に入ってくるのもオープン車両ならでは!

■ 夏の絶景!見ごろは7月下旬〜8月下旬

太陽と木々の緑がまぶしい夏の保津峡。時折聞こえる激流の水音やセミの声など、夏らしい雰囲気をたっぷり楽しもう!

■ 秋の絶景!見ごろは11月中旬〜12月上旬

渓谷が鮮やかな紅葉に彩られる秋は、特に人気が高いシーズン。寺社の紅葉とはひと味違う、自然美を楽しめる。

10月中旬から12月中旬はライトアップも行われ、列車は雅で幻想的な空間を走り抜ける!

■ 冬の絶景!見ごろは12月上旬

雪景色が楽しめるチャンスは12月29まで。12月30日〜2月末は運休しているため、12月中の天候はチェックしておこう。【関西ウォーカー】