パソコンの横に置いて簡単デスクトップオーディオできる小型デジタルアンプ2モデル

写真拡大

  本格的にPCオーディオ、つまりパソコンの音源ファイルをアンプ、スピーカーを使って再生するのは、まだけっこうハードルが高い。手軽にデスクトップPCオーディオが楽しめる低価格の小型オーディオ機器を手掛けるノースフラットジャパン(大阪府和泉市)は、自社NFJブランドでデジタルアンプ「UPA-D152J」(3,980円・税込み)と「UPA-152JMkII」(2,980円・税込み)を発売した。小型ハイパワーのクラスDアンプで、PCからのUSBバスパワーで動作してAC電源アダプターなど外部電源が不要なことが特徴で、ヘッドホン端子も装備。同社直販サイトと一部ショップで販売される。

 UPA-D152Jは、USBで受けたデジタルデータのままデジタルアンプICで増幅する仕組みで、音質や音量の調整もデジタルで制御する。USBの規格で電流の流れる量が決まっているのでハイパワーにするために電源部をさらに強化。また外部電源も使えるようになっている。UPA-152JMkIIは、D152Jのベースにもなった前モデル152Jのアップバージョンで、回路は一般的なDACとデジタルアンプという構成になっている。ボリュームもアナログ制御だが、スピーカー出力のオン/オフスイッチを装備。OS起動時やUSBケーブルの抜き差しなどで発生するボソッというポップノイズもカットできる。電源部もD152Jと同様に強化している。ヘッドホン出力も装備。サイズ・重量は2モデル共通で、幅66×高さ27×奥行84mm・143g。