岡村隆史の女運のなさ…博多大吉が暴露「引きが悪い」

写真拡大

8日放送のバラエティ番組「なるみ・岡村の過ぎるTV」(朝日放送)で、ナインティナイン岡村隆史の女運のなさを博多華丸・大吉博多大吉が暴露する場面があった。

番組では、4月18日に大吉が出演したときの未公開トークが放送された。岡村と大吉のふたりは同期であり、プライベートでも仲が良いという。

そんな大吉は「(岡村が)恋愛が下手くそなの!」と、過去に岡村の失恋する瞬間を見たエピソードを語り始めた。大吉によると、岡村は過去に熊田曜子とウワサがあったが、実際は何もなかったとか。

一方で、当時の岡村から「狙ってる子がおんねん」と紹介された女性は「熊田曜子さんを布団圧縮袋に入れたみたいな感じ」「ニセモノ中のニセモノ」だったそうだ。この表現にスタジオから笑いが起きる。

大吉は「(熊田)本人とは何もないのに!?」と驚いていたら、岡村はその女性に交際を「キレイに断られていた」というのだ。これに岡村も得心がいかない様子だった。

大吉は、この10年で岡村がフラれる様子をつぶさに見てきたそうで、次に岡村を福岡のキャバクラに呼んだときのエピソードを語り出す。そのときは、VIPルームに系列店のNo.1〜3のキャバクラ嬢が入れ替わり立ち替わりで50人来たとか。

そのうち、48人のキャバクラ嬢が岡村に好意を示していたが、岡村はふたりにしか電話しなかったとのこと。しかし、電話したキャバクラ嬢に限って「子どもが熱を出して行けない」などの理由で断られてしまったそうだ。

これに、岡村は「これね、オレの磁石やと思うねん」「おかしいよね」と嘆くと、大吉は「引きがね、悪いというか」と岡村の女運のなさを暴露していた。

【関連記事】
岡村隆史が恋愛における“特殊能力”を豪語「あの人は死んだと思える人間」
ナインティナイン・岡村隆史がネット記事の風評被害に憤慨
妖怪ウォッチ派の博多大吉が嘆く「ポケモンなんて集めなくていいでしょ」