富士山にはどんなポケモンいるのかな?(ポケモンGOスクリーンショット)

写真拡大

ことしから8月11日は祝日・山の日です。そこで、話題のポケモンGOとのコラボ企画! 東京バーゲンマニア編集部員がニッポンの"山"にポケモンを探しに行ってきました。

たまたま週末富士山に登る予定だった30代女性登山未経験(逆上がりすらできない)に白羽の矢が当たりました。"せっかくだし""ついでだし"ということで、一発目は、富士山に決定。のっけから日本最高峰の山にチャレンジです。

富士△ーーー!

最初に断っておきますが、未経験ド素人なので、富士登山経験者やその仲間たちと一緒に登ります。装備もプロのアドバイスを聞いて万全の対策をとりました。※良い子はくれぐれもふらっと登ろうとしないでね。

今回は、頂上付近でご来光を見るプランなので、登山出発地である須走口(すばしりぐち)の5合目に着いたのは、18時ごろ。5合目出発は21時すぎです。

ちなみに、2合目から須走口5合目の道はどうかというと......。

こんな感じ。すっきりキレイなのっぱら1本道です。何にもありません。

さて、須走口5合目で最初に見つけたのは「イーブイ」。記念写真ももちろんゲットです。

実はここにはジムが隣り合うかたちで2つもあります。標高2000メートルで、さっそくバトルしてみました。結果は......"完敗"。須走口5合目ジム、手ごわいです。

そうこうしているうちに、レアポケモンの「スリープ」も現れました。ネットで見かける最新版のレアポケモン表によると、スリープはレア度7。「富士△ーーー!(心の声)」。テンションあがってひたすらボールを連投するも...逃げられました。まあ、そううまくはいかないですよね。

須走口5合目にはポケストップも複数あるので、東京と変わらずいろんなポケモンに出会えました。

では、いよいよ登山スタート。念のため言いますが、街以上に山の歩きスマホは危険なので、スマホを開くのは、山小屋での休憩時のみです。

山小屋付近では、電波が入りますし、事前登録でオリジナル無料Wi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」も使えるので、電波問題は心配いりません。

疲労、極寒......これが地獄のはじまりか!?

歩き始めてすぐに、ごつごつした岩や道とは言えない道になり、ひたすらそこを進みます。足場も悪く、段差もあるので日頃運動不足の記者は結構ツラいです。アンダーウエア+Tシャツという格好でも、汗だくです。ただ、まだ体力もあるので「山登りってやっぱりしんどい」と思う余裕も。ハァハァ言いながら、約2時間で本六合目「瀬戸館」に着きました。

本六合目では、レアポケモンの「ゴース」をゲット。ほかにもそこそこのポケモンがいました。ただ、夜の富士山にいるポケモンたち、心なしか東京で見るそれとは雰囲気違う気もします。

さて、山登りの方はというと、相変わらずごつごつ岩×段差トラップに加えて、今度は傾斜も急になってきます。小休止できるスポットもあまりなく、小さいとはいえ落石にも注意しなくてはなりません。ガスが立ち込め、空気が少しずつ薄くなっていくのもわかります。

加えて、七合目、本七合目になると「寒さ」も敵になってきます。標高3200メートル、このあたりの気温は真冬同様。3度、4度の世界です。終始強めの風も吹いています。レインウエアの上下、手袋もつけて完全装備ですが、息は白く、言葉数も少なくなってきます。なんせ足が動かない! 疲れもピークで、気を付けても岩に足をとられてヒヤッとすることが何度も。休んでも疲れはとれにくくなり、まだあと3合もあるのか......と絶望的な気分になってきます。ここまでくると「山登りしんどい」とか、そんなことすら思う余裕なくなります。

と、こんな状況でしたので、七合目、本七合目、そしてご来光を見た本八合目の「胸突江戸屋」では、スマホ開いて探すことができませんでした。面目ないです。

ただ、富士山から見る日の出は撮ってきました。夜明け近くになると、雲海が眼下に広がっているのが分かり、「ああ、ここまで登ってきたのか...」と、感慨深くなります。

そして頂上前、心臓破りの9合目。道というより"崖"です。目の前に山頂の鳥居が見えているのに、登っても登ってもたどり着かない地獄っぷり。ここは本当に富士山に試されているな、と感じます。酸素が薄い中、一歩進んで休み、また一歩、を繰り返しながら、ついに7時30分、頂上へ到着! 約10時間の山登りでした。いやー、長かった。

さて、頂上でポケモンを探します。頂上にはポケストップとジム1つがあります。山頂でバトルしてみるのも楽しそうです。(今回その余力がありませんでした)

と、ここで「スリーパー」登場! 5合目でボールから逃げていったあのレアポケモン「スリープ」の進化版です。これは運命かと、ズリのみ、スーパーボールを駆使しゲット!! 五合目で逃げていったのはこのためだったのね......。帰ってきてくれてありがとう! 富士山頂でレアポケモンゲットできました。

富士山で捕まえたポケモン一覧

結局今回捕まえられたポケモンは、イーブイ、ビードル、スリーパー、ズバット、マダツボミ、ポッポ、ピッピ、ニドラン♀、ナゾノクサ、クラブ、という成果でした。

ネットやSNSでは、富士山にはレア度MAXの「フリーザー」や「ファイヤー」「グラードン」などが出るという情報も出ていますが、今回は見つけられず......。ルートや季節、滞在時間などにより、出現する可能性もありそうです。

余談ですが、山は登ったら必ず降りなくてはなりません。この"くだり"がつらい。ルートにもよりますが、頂上で力を使い果たすと、くだり道で本当の"地獄"を見ます。体力管理にはどうかご注意を。

富士山の歩きスマホは、滑落や転倒、道間違いなど本当に危険です。登山道外にはみ出すと、落石を引き起こす可能性もあるので、ポケモン探しに富士山へ、という人は十分に注意してください。山の天気は非常に変わりやすく、平地の気温と比べて気温は非常に低いため、Tシャツ・ジーンズにスニーカーといった軽装もNG。

万全の態勢で富士登山楽しんでくださいね。

【山の日×ポケモンGO】第2弾→ 高尾山はおつきみやま? 出会ったポケモン50匹以上、ピンク色のあのポケモンが... はこちら

(C)2016 Niantic, Inc. (C)2016 Pokémon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.