星降る夜の再来。8月12日はペルセウス座流星群を観よう

写真拡大

8月といえば......流星との出合いに心ときめくシーズンです! もうすぐ、三大流星群のひとつ「ペルセウス座流星群」が見ごろを迎えますよ。夏休みで旅先にいる人にも、実家でのんびりと過ごしている人にも、普段通りに仕事をしている人にも、星降る夜を体験するチャンスがめぐってきます。
ペルセウス座流星群の見ごろは?
そもそも流星群は、下記のような条件がそろわないと十分に楽しむことができません。

・活動のピークとなる時刻が夜間である
・その時刻に、流星が飛び出してくる方向(放射点)が空高く昇っている
・月明かりの影響を受けない

それでは、今年のペルセウス座流星群はどうかといいますと、

・活動のピークは8月12日(金)21時頃
・その時刻に、ペルセウス座(放射点)は北東の空に昇ってきたばかり
・月は輝いているが、日付が変わる頃には沈んでしまう

というわけで、なかなかの好条件です!
ペルセウス座が空高く昇り、月明かりはないほうが流星を見つけやすいので、総合的に判断すると、いちばんの見ごろは「12日の深夜から13日の未明にかけて」といえるでしょう。
流星を多くキャッチしたいなら
さて、夜空を見上げる時間帯がわかったところで、「どの方角を見ればいいの?」と疑問がわいてくるかもしれませんね。その答えは「どの方角でもOK」です。なぜなら、流星は夜空のあちこちに現れるから。空の一点(特定の方角)だけをじっと見つめるのは、かえってNG。流星をひとつでも多くキャッチするポイントは、空全体を見渡すように眺めることです。
けれど、空を見上げた途端に流星が見られるとは限りませんから、あせらずに15分〜30分くらいは空を眺めましょう。深夜を過ぎても冷え込みが気にならない夏は、一年のうちで流星観察にもっとも適した時季。自宅の庭やベランダに椅子を出したり、広くて安全な場所にラグなどを敷いたりして、楽な姿勢でのんびりと眺めるのがおすすめ。好きな飲み物を用意しておけば完璧です。
ペルセウス座流星群は、明るい流星が多く、観察しやすい流星群といわれています。郊外ならば1時間に10個程度、街灯りの影響を受けない暗い夜空ならば数十個の流星を見るのも夢ではありません! 家族と一緒に、大切な人と二人きりで、わいわいと仲間と楽しく、しっとりとひとりで......。夜空を見上げる時間は、心を豊かにする幸せなひとときです。ワクワクや感動、癒しを与えてくれる、美しくて儚い「ペルセウス座流星群」。この夏最高の思い出となるはずです。

>>「星と暮らす」記事一覧
壮大な星のシャワー「ペルセウス座流星群」今年はどこで見る?
天体観測に音楽ライブも。オールナイトクルーズで夜のピクニック
68年ぶりの超スーパームーンが出現!? 2016年注目の天体イベント

image via Shutterstock

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。