関西初上陸!大阪・心斎橋に期間限定「ミッフィーカフェ」がオープン

写真拡大

大阪・心斎橋に絵本やアニメで60年以上愛され続けるキャラクター「ミッフィー」をテーマにした期間限定のカフェが登場しました。カフェでしか買えない限定グッズが販売されるほか、「ミッフィー」の作者ディック・ブルーナの故郷、オランダの料理をアレンジした“パンネンクーケン”など、かわいいメニューが楽しめますよ。

60年以上愛され続けるキャラクター「ミッフィー」のコンセプトカフェ

オランダのイラストレーター、ディック・ブルーナが生み出した、長い耳と丸い目のキャラクター、ミッフィー。絵本やアニメーションになり、世界中で愛され続ける人気者です。昨年誕生60周年を迎え、さまざまなイベントも開催されるなか、大阪・心斎橋筋商店街「心斎橋161」の2Fに、関西エリア初登場となる「ミッフィーカフェ」が期間限定でオープンしました。

食べるのがもったいない!ミッフィーのカフェメニュー

店内にはショップコーナーのほか、ミッフィーの絵やぬいぐるみが飾られたカフェスペースがあり、限定メニューを楽しむことができます。綿菓子のミッフィーがちょこんとのったフルーツ入りのソーダは、ソーダを入れて、しゅわしゅわとミッフィーを溶かしながら楽しむドリンク。ニンジンのスプーンを持ったミッフィーが浮かぶのはトマトチキンカレーです。耳や目は最中で作るなど、すべて食べることができます。
思わず写真を撮りたくなるメニューばかりですね。

ミッフィーの故郷、オランダの料理をアレンジ

ミッフィーがオランダ生まれということにちなんで、カフェではオランダの料理を楽しむこともできます。オランダの肉料理シュニッツェルを真っ白でふわふわなミッフィーのバンズで挟んだバーガーはボリューム満点。フライドポテトと「ピンダソース」というピーナツバターを使ったオランダのソースを添えています。
デザートは最近注目を集めているオランダ風パンケーキ「パンネンクーケン」をアレンジ。アイスクリームになったミッフィーとフルーツがたっぷりです。レモンを絞り、メープルシロップをたっぷりかけていただきます。

ミッフィーがおばけになってサプライズ!

メニューのなかにはオーダーすると、ミッフィーの絵本にも登場する‟おばけごっこ”をイメージした、おばけミッフィーが運ばれてくるサプライズも。もくもくと沸き上がるスモークの中からかわいいミッフィーのケーキが現れますよ。

ほかにもかわいいメニューで訪れる人をドキドキ、ワクワクさせてくれる「ミッフィーカフェ」。ドリンクをオーダーすると限定コースターがもらえたり、マグカップが付いていたりと、かわいいグッズが大人女子にも大好評。長い耳と丸い目に癒されてくださいね。

Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv,1953-2016 www.miffy.com

ことりっぷの最新記事