これで「かゆみ」も撃退!?  夏の大敵、蚊に刺されたときの正しい対処法って?

写真拡大 (全6枚)

 

夏真っ盛りのこの時期。

音、かゆみ、さらには跡残りも心配される、憎〜き敵、蚊(か)に悩まされているという人も多いのではないでしょうか?

 


http://weheartit.com/
 

虫よけスプレーやアロマで対策をしても、まったく刺されないようにするのってやっぱり難しいですよね。
 

そこで、実際に刺されてしまった時、皮膚を掻いたり、市販薬を塗るより前に、「これをすれば、よりかゆみを抑えられる!」という方法をレクチャーします!

 

 


刺されたっ!と思ったらすぐに…


■患部を水&石けんで洗いまくる!

 

そもそもかゆみの原因は、蚊が皮膚を刺すときに出す唾液だと言われています…!

なので、すぐに水や石けん、またはアルコー消毒液などで刺された場所を洗い落とすことが大切。



http://weheartit.com/

 


蚊の唾液(ヒスタミン)は酸性なので、アルカリ性の石けんを使うと中和してくれるので、なおよしです!

 

 


■ばんそうこうで空気をシャットアウト!

 

その場に水も石けんもない! というときは、ばんそうこうやセロハンテープを刺された場所にピタッと貼りましょう。

(ばんそうこうを使うなら両ワキの粘着テープ部分を患部にあてるように)



http://weheartit.com/

 

 

蚊に刺されて炎症を起こした場所の血流の流れが、テープを貼ることで遅くなり、かゆみの抑制につながると言われています。

強制的に爪で掻けなくなるので、皮膚を傷つける心配も無用!

※衛生的ではないので、あくまでも一時しのぎがおすすめです。

 

 

それでも引っ掻いて跡が残ってしまったら…

 

■ビタミンCで徹底的に保湿!

 

損傷のある肌は乾燥しがちになるもの。

虫刺され跡にも、美肌に導く栄養素として知られる“ビタミンC”が有効なんです!
 


http://weheartit.com/

 

 

食物やサプリメント、美容液など、ビタミンC入りのものを食べて、塗って、身体に取り入れることで、患部を保湿してあげることが大切。

保湿力が高いオイルもおすすめです!

 

 

 

そもそも蚊が認識しにくい色があります!

 

 

■蚊を避けるならホワイトコーデ!

 

蚊は白と黒の判別しかつかず、色の濃いほうに寄っていく習性があります。

白い服を着ている人に比べて、黒い服を着ている人のもとに数倍もの蚊が集まったというデータもあるとか!



http://weheartit.com/

 

 

なので、より蚊を避けるための対策としてはホワイトコーデが◎!

 

 

事前の対策から蚊に刺された時の対処法まで、しっかり頭に入れて、夏レジャーをまだまだ思いっきり楽しんでいきましょう!!

まわりのみんなにもぜひ教えてあげてください♪