6日、とあるTwitterユーザーが投稿した、エアコン継続使用の結果が、注目を集めている。

このユーザーは、7月6日から8月3日までの約1ヶ月間、事務所のエアコンをつけたままにしていたそうだ。使用しているエアコンは、11年前に購入した一般家庭用14畳タイプ、4.5kWのものだとか。事務所は約15畳のRC造ワンルームとのこと。

その結果、「出・退勤時にON/OFFしてた前年同月と比較して使用量34.9%減」となったとか。

またこのユーザーによると、この期間の出勤日数は約15日だったという。「毎日使用する環境ならさらにこの倍は節約できる計算」「もう怖くてエアコン切れない」とつづっている。
なお、事務所の電化製品は他に照明、PC、液晶モニターのみだそうで「エアコンの影響が顕著」とのこと。一方で一般家庭の場合については「他の電化製品のノイズもあるでしょう」としている。

ユーザーは、エアコン使用方法のコツについて「問題は『何時間以上なら』という『時間』ではなく、月に何回エアコンのスイッチをON/OFFしたかという『回数』です」と説明。「今回の私の例でいえば、それが少ないほど電気代は安くなるということです」とコメントを添えた。



最初のツイートは、9日11時の時点で1万4000件以上のリツイートと、8000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

【関連記事】
フジ「やっちまったTV」で過剰演出か 台湾人Twitterユーザーが非難
「どん兵衛」専門店の閉店に店長が本音ポロリ「お湯入れるだけで楽だったのに」
「ポケモンGO」の聖地でゴミ拾いをする「ロケット団」メンバーに大反響