8日、韓流締め出しの話題が続く中国で、近年は中国に拠点を移している1人の韓国人女優について、ネットユーザーから「見逃してやってくれ」と訴える声が上がっている。

写真拡大

2016年8月8日、韓流締め出しの話題が続く中国で、近年は中国に拠点を移している1人の韓国人女優について、ネットユーザーから「見逃してやってくれ」と訴える声が上がっている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を決めた韓国に対し、中国が報復行動の一つとして、韓流の締め出しをスタートしたと連日話題に。9月1日からは「禁韓令(韓流禁止令)」が本格的にスタートするとのうわさもある。そんな中で中国のネット上に、53作品の映画やドラマ、42人のタレント名が書かれた“締め出しリスト”まで登場。この中には、女優チュ・ジャヒョン主演の中国ドラマ「華麗上班族」も含まれていた。

これを見たネットユーザーの間から、「彼女だけは見逃してやってくれ」と訴える声が上がっている。と言うのも、チュ・ジャヒョンは06年の韓国映画「生死決断」で成功したのち、初の中国ドラマ「大旗英雄伝」で中国でも人気を獲得。その後は中国に拠点を移し、韓国ドラマ「妻の誘惑」をリメークした「回家的誘惑」でブレークしている。

昨年9月には中国人俳優ユー・シャオグアン(于暁光)と結婚を前提に交際していることを発表。このためネットユーザーは、中国で長年奮闘してきたチュ・ジャヒョンの努力を認め、いずれ「中国の嫁」になる彼女だけは、「他の韓流タレントと同じ扱いをしないでほしい」と求めている。(翻訳・編集/Mathilda)