「巨神兵」(左)と「パーティーロックアンセム」の対決

写真拡大

 リオと甲子園で熱い戦いが繰り広げられている8月7日、東京ではロボットの戦いが繰り広げられていた。「ヘボコン・ワールドチャンピオンシップ」と銘打たれたこの大会は、技術力の低い人たちが作ったロボットを戦わせるという、何とも微妙な大会だ。登場するロボットはもれなく「ヘボい」のだが、それらには人を惹きつけるなんとも言えない魅力があった。

 「ヘボコン」はもともと、おもしろコラムを掲載するサイト「デイリーポータルZ」の中で約2年前に生まれた企画。技術力が低い人たちが手製のロボットを持ち寄り、相撲形式で対戦。トーナメント形式で戦い、一応相撲の勝敗で優勝ロボットを決めるが、実は目指すべきタイトルは優勝ではない。それ以上に重要なのが、観客の投票で決める「もっとも技術力が低かった人賞」だ。これが実質的なグランプリで、もっとも栄誉ある賞とされている。

 ヘボコンは第1回大会の後、国内のさまざまな都市で開催され、それぞれの地域で熱戦を展開。するとその熱は海外にも飛び火した。米国や香港、オーストラリアなど、25カ国以上で「The Crappy Robot Competition」(Crappyはヘボいの意)という名前で開催され、その回数は60回以上に上る。海外では英語ルールブックが配布され、基本ルールは統一されているという。

 世界的広がりをみせたヘボコンにとって集大成ともいえる大会が、今回行われた初の世界大会「ヘボコン・ワールドチャンピオンシップ」。国内のチームに加え、海外からのチーム、そして国内と海外のメンバーで構成された国際チームが出場する、インターナショナルな大会だ。

 大会当日、会場となった「東京カルチャーカルチャー(運営・ニフティ)」は多くの人でにぎわった。これまでも同会場では多くのイベントを運営しており、その時にはだいたい120〜130人の人が集まるというが、この日集まったのは180人。世界大会というだけあって、出場者はもちろん、観客の中には外国人の姿も見受けられた。

 店内中央のステージ上のテーブルにはリングが設けられており、ロボットたちはそのうえで戦いを繰り広げる。試合のルールは相撲とほぼ同じで、リングの外に出るか、転倒してしまったら負け。これに加えて、ヘボコンならではのルール「ローテクルール」がある。これは「出来の悪いロボットでも活躍できるように」と考えられたルールで、マシン同士が接触しないうちにどちらかが土俵から出た場合は、試合が成立していないとして「やり直し」ができるというもの。開始早々に暴走して場外、自滅という事態を避けるためのルールだ。また、時間内に勝負がつかなかった場合は、より移動したマシンが勝ちというルールもあるが、これも暴走マシンの不利をなくす目的かと思われる。

 試合が始まると、リング上には次々とロボットが登場するのだが、それらはどれももれなくヘボい。

 たとえば、出場者のひとりdotさんの作った「みすずロボ2号」は「大会当日に完成した」というまさに急ごしらえのロボット。dotさんによると「とりあえず動けばいいかなという気持ち」でリングに上がったという。

 それに対するのはシンガポールからやってきたDin Chanさん。シンガポールということで、マーライオンをモチーフにしたロボット「サイボーグライオン」を持参したが、リングに置かれたのはどう見てもただのライオンのぬいぐるみの首。さらに「マーライオンなので口から水が出るようにしたかったんですが、それは難しすぎたので代わりに棒を刺すことにしました」と、その場で棒を刺し始めた。ロボット自体がヘボいのはもちろんだが、出場者のモチベーションもさほど高くはないのだ。

 気になる試合の方は、ゴングが鳴るや否やみすずロボ2号が暴走、相手に接触することなく自ら場外へ。一方サイボーグライオンの方は、その場でかわいらしくぷるぷると震えるのみであった。この展開に客席からは拍手と笑いが起こる。

 結局、この試合はより多く移動したということでみすずロボ2号の勝利。戦ったともいえないような試合だったが、ヘボコンの試合はこういった形で決着がつくことが多い。

 また、会場を大きくわかせた戦いのひとつが、hoshitoshi115さんの作った「巨神兵」対アニポールきょうこさんの作った「ポールダンスロボ パーティーロックアンセム」の試合だ。巨神兵の方は名前の割にはかなり小さく、さらにどう見てもその名とは無関係な、ジョッキーが乗った競走馬の形をしたロボット。hoshitoshi115さんによると、「ジョッキーのお尻がかわいいのがポイント」とのことだ。

 対するパーティーロックアンセムの方は、アニポールさんが「とにかくゴキゲンさ、パーティー感を大事にしたロボットです」と話すように、かなりはしゃいだビジュアルのマシンだ。輝く機体の上にはポールダンスをするバービー人形の姿が。マシン上にはブルートゥーススピーカーが載せてあり、そこからEDM系の音楽が流れる。さらに、役に立つのかは不明だが「ボタンを押すとマシンの箱から子ども銀行のお金が飛び出す」システムも組み込まれているという。

 試合のゴングが鳴ると、パーティーロックアンセムのポールダンス人形が勢いよくぐるぐる回りだす。これが相手に当たればかなりの威力を発揮しそうだが、高さをみると相手には当たりそうにない。一方で巨神兵の方は、開始直後に何かミサイルのようなものを発射……したように見えたのだが、それはジョッキーの首だった。どうやら攻撃ではなく、その場でなぜかマシンが大破したようだ。しかしながら、首がもげた巨神兵はまっすぐに相手に向かっていき、相撲のように相手をぐいぐい押していく。場外の間際にまで押されたパーティーロックアンセムは、操作ミスでこのタイミングで子ども銀行のお札を吐き出す。しかし特に意味はなくそのまま場外へ。巨神兵の勝利となった。

 このように、意味の分からないところでのマシンの大破や、操作ミスといったことが試合では頻繁に起こる。そしてそんなアクシデントを見るたびに、観客は大いに盛り上がっていた。

 2回戦は4体が同時に戦うバトルロワイヤル形式をとるが、それによってより試合はより混迷を極めた。疲弊したマシンがバトルとは無関係に大破したり、チーム内の連携がとれていなかったりと、とにかく予想外の展開が続いた。

 そうした戦いの末、優勝に輝いたのは香港からの出場したRicky Chanさん。ロボット名は「ロボットコントロールドコントローラーロボット」というもので、一見コントローラーに見える方がロボットで、ロボットに見える方がコントローラー、という変わり種のマシン。それによって「相手を混乱させ、かく乱する」マシンだという。実は香港大会では過去に3回、準優勝経験がある実力者だ。優勝については「この大会は準優勝が優勝だと思ってるんです。というのも、ローテクで負けるのがヘボコンでは素晴らしいことなので」とコメント。ヘボコンのベテランらしい意見を披露した。

 しかし、この大会でもっとも栄誉あるのは、観客の投票で決まる「もっとも技術力が低かった人賞」。グランプリに輝いたのは、アニポールさんの「ポールダンスロボ パーティーロックアンセム」だった。

 1回戦負けを喫したものの、確かにビジュアル、動き、お札をばらまく謎の行動、すべてにおいてインパクトの強いマシンだった。表彰されたアニポールさんは「こんな栄誉ある……栄誉ある?……賞をいただけるとは思っていなかったので、とてもうれしいです」と戸惑いつつも喜びのコメントを述べた。

 最後には出場者と出場マシンが集まってのフォトセッションがあったのだが、マシンが集まった時のガラクタ感がすごかった。しかし、だからこそこの頼りないマシンを、出場者はもちろん、観客までもが懸命に応援してしまうのかもしれない。コンテストや大会というと能力が高い人が競い合うイメージだが、能力が低いからこそ楽しめる大会もあるようだ。(文・横田 泉)