エアコンのカバーを開けたら…

写真拡大

【羽鳥慎一モーニングショー】(テレビ朝日系)2016年7月29日放送
「梅雨明けに注意 エアコンに殺人カビ?」

全国的に夏本番で、連日暑い日が続く。毎日エアコンをフル稼働という家庭も少なくないだろう。怠ってはいけないのが、エアコンのこまめな掃除だ。

番組では、エアコン洗浄を手掛ける業者に密着。依頼主の家を訪ね、エアコンのカバーを開けると、そこには「恐怖」の光景が...。

吹き出し口やフィルターにびっしりと...

「おそうじ本舗」船橋高根店の吉澤光明さんが最初に訪れた家庭では、2台のエアコンが稼働している。掃除は2年ぶりという依頼主の女性は、長男がぜんそく気味だと明かした。

まず1台目。エアコンの中を見ると、吹き出し口周辺にびっしりと白いカビが発生している。洗浄液をかけて中にたまったカビ、ホコリを洗い流す。透明だった洗浄液が真っ黒に汚れて流れ出てくると、依頼者の女性は思わず「きたなーい」と驚いた。言わばカビに触れた冷気に当たっていたのだ。

2台目は、さらにひどい状態だった。中のフィルターはホコリまみれ、取り出すとまたもやカビだらけだ。吉澤さんは「カビが全面に繁殖している状態です」と話す。洗浄液を吹きかけると黒い小さな塊が続々と落ちてきた

依頼主「この黒い点々はカビ?」
吉澤「これ全部カビです。ぜんそくを持っていたなら、かなりつらかったと思います」

一般に、エアコンからは10分間に最大1000個のカビの胞子が噴き出していると言われる。その中には人体に有害なものもある。千葉大・真菌医学研究センターの矢口貴志准教授が挙げた例は、「アスペルギルス」だ。これが免疫が落ちた人や高齢者、幼い子どもの肺に感染する恐れがある。呼吸不全、血流にのって他の臓器に移るとかなり重篤になり、最悪の場合は死に至る可能性を指摘した。

2週間に1度はフィルター掃除を

吉澤さんが訪問した2軒目の依頼主は、エアコン掃除をしたのは何年前かはっきりと覚えていないそうだ。カバーを開けると、カビとホコリでもっこりと膨らんでいる。洗浄液は、作業後にはまるで墨汁のように真っ黒な汚水に変わり果てていた。

映像を見たスタジオの面々も、驚きの様子だ。

羽鳥慎一アナ「これは...気を付けたいですね」
宇賀なつみアナ「恐ろしい。フィルターくらいしか掃除したことないです」

実際は、こまめなフィルター掃除を心がければ、カビの繁殖は大分防げるそうだ。問題はその頻度。羽鳥アナは、1か月に1度程度なら十分かと考えていたようだが、それでは足りないという。2週間に1度は必要だそうだ。

フィルター掃除の際のポイントは3つ。(1)フィルターの裏側からシャワーで水洗いする、(2)中性洗剤をつけて歯ブラシでこする、(3)タオルドライ・日陰干し、だ。実際は2週間に1度といわれてもサボってしまうかもしれないが、カビの影響で年間500人が命を奪われている事実がある。少々面倒でも、まめな掃除を心がけてほしい。