妊娠初期の出血の原因と対処法-少量なら大丈夫?気をつけること
待望の妊娠がわかって喜びもつかの間、出血があると急に不安になってしまいます。実は、妊娠初期の出血は、心配のないものも多くあります。原因と正しい対処法を知っておきましょう。

妊娠初期は、ほとんどが心配のない出血

妊娠初期は、出血しやすい時期。実は、妊婦の2〜3割が経験しています。妊娠すると、子宮粘膜に充血が起こりやすくなるため、ちょっとしたことでも出血がおこるやすくなるからです。そのため、初期の出血には心配のない場合も多くありますが、出血量が多く、腹部に痛みを伴う場合には注意が必要です。

まず、出血が起こったら、自己判断せずにすぐにかかりつけの産婦人科へ連絡を。また、生理用ナプキンをあてて応急処置をしましょう。医師には、妊娠何週目か、出血の色や量、お腹の張りの有無などを伝えられるように準備しておきます。

下記は、あまり心配のない出血です。ただし、くれぐれも自己判断せず、出血したら必ず産婦人科を受診することをおすすめします。

○絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)
妊娠5〜20週に起こりやすいもの。子宮を包む絨毛膜という膜の外に、血液が溜まっている状態。切迫流産の症状のひとつで、出血が多い場合には、安静にします。

○月経様出血
妊娠4週頃に起きやすくなります。妊娠していても、月経時のような出血が起こります。これは、ホルモンが妊娠前と同じように働いてしまうために起こります。

○子宮膣部びらん
妊娠4〜15週に注意したい症状。子宮の入り口がただれている状態。内診やセックスの刺激で出血することも。

○子宮頚管ポリープ
子宮頸部にできる良性のポリープ。子宮頸部の粘膜の細胞が増殖し、頸部から子宮の出口に飛び出したもの。ポリープから出血することがあります。ポリープの大きさや位置、状態によって異なりますが、流産・早産の原因になる場合には、妊娠中に切除することもあります。

また、注意したい出血はこちら。

○胞状奇胎(ほうじょうきたい)
妊娠4〜11週目に起こりやすくなります。胎盤のもととなる絨毛が病的に増殖します。受精卵そのものに問題があることが多く、500人に1人の割合で発症します。赤ちゃんへの影響もあるので、子宮内容除去術を行い、通院して経過を診ます。

○異所性妊娠(子宮外妊娠)
妊娠4〜11週に注意が必要です。子宮の中でない場所に着床してしまうことで、ほとんどが、卵管に着床するケース。卵管から出血した血液がお腹にたまり、下腹部痛と、少量の出血が起こります。卵管が破裂すると大量出血や激痛、血圧低下など命に関わります。妊娠がわかったらすぐ、産婦人科を受診し、異所性妊娠でないかチェックしてもらうことが大切です。

気をつけたい妊娠初期の移動方法

安定期に入っていない妊娠初期。それでも、電車や飛行機でどうしても移動しなければならない時があります。特に、長距離の移動は、長い間座席で同じ姿勢でいなければならず、強い疲労感が残ることも。飛行機の場合は、地上より酸素が薄くなるため、呼吸が苦しくなる場合もあります。

そのため、妊娠初期は体調が安定していない分、移動前には事前の準備が必要です。特に座席は、自由に立って移動できる通路側を選ぶ、できるだけ足元の広い座席を選びお腹に負担をかけないようにする、トイレの近くにするなどで、だいぶ負担が軽くなってきます。

また、妊娠中は体温が普段よりも高い状態になります。エアコンから出る温風や冷風が直接肌に当たると不快になり、気分が悪くなる場合も。暑かった時に脱げるようにカーディガンやパーカーを着たり、寒くなったら羽織れるようにストールを持参するなどの工夫も必要です。つわりがひどい場合には、エチケット袋も用意しましょう。持っているだけでも、不安が減り気分が和らぎます。

妊娠は病気ではないので、普段通り生活することができますが、初期は体調が不安定なので注意が必要です。工夫しながら、快適に妊娠生活を過ごしましょう。