8日、中国ではたびたび愛国を訴える人が、中国と外交的な問題を抱える国の製品をボイコットするよう呼び掛ける騒動が起きるが、このほど話題になっている動画では、中年女性が自動車販売店で日本車のボイコットを叫んでいた。

写真拡大

2016年8月8日、中国ではたびたび愛国を訴える人が、中国と外交的な問題を抱える国の製品をボイコットするよう呼び掛ける騒動が起きるが、このほど話題になっている動画では、中年女性が自動車販売店で日本車のボイコットを叫んでいた。

女性は南京大虐殺などに言及し、「日本車を買うな!」と店のソファに立ち叫んでいた。店の従業員に対して、「こんな(日本車を売るような)会社にいて、先祖に顔向けできるのか?日本の犬になり下がるな!」と声をからし叫んでいた。騒動に関する詳細な報道はないが、女性と従業員のやり取りから、女性が購入した日本車にトラブルがあり、それに不満を持った女性が店で騒ぎを起こしたと思われる。

女性の行為に対し中国のネットではその愛国心を支持する声も数多くあったが、「彼女は本当に純粋な愛国心から日本製品ボイコットを叫んだわけではない」と批判的な意見が寄せられたほか、「自分が買った日本車に問題があったから国民の感情をあおるような行為をしているに過ぎない。日本車を売っている従業員を『先祖に顔向けできない』と批判していたが、その日本車を買った自分は先祖に顔向けできるのか?」と鋭いツッコミも見られた。(翻訳・編集/内山)