1日50食限定「ニシンとカボチャのパイ」

写真拡大

六本木ヒルズ展望台で現在開催している「ジブリの大博覧会 〜ナウシカから最新作『レッドタートル』まで〜」では、隣接するカフェ&レストランにて、ジブリの世界観を表現したオリジナルメニューを展開中だ。8月10日からは、「ニシンとカボチャのパイ」(1日50食限定/1,480円)など3種類が新たに登場する。

「ニシンとカボチャのパイ」は、映画「魔女の宅急便」に登場する“ジブリ飯”。ネットでは再現レシピがクックパッドにも登録されているなど、数ある“ジブリ飯”の中でも屈指の人気を誇る料理だ。

今回、カフェで提供されるのは、うま味たっぷりのニシンとホクホクのカボチャ、ブロッコリーをアツアツのホワイトソースで仕上げたパイ。アクセントとなるベーコンとチーズが絶妙な味わいもグッドで、パイ生地には魚のイラストが描かれ、見た目にも楽しい一品だ。

なお、8月10日からはほかに「天空のかき氷」(900円)、「ドロップソーダ」(650円)が追加される。