画像

写真拡大

 ジーニーは、インドと北米を中心にメディア向け広告収益向上サービスを提供するAdPushupと資本業務提携を行った。今後ジーニーは、AdPushupのサービスの日本および東南アジアでの独占提供を開始する。

 ジーニーは、メディア向け広告収益向上サービスを提供するAdPushupとの投資契約を締結した。

 AdPushupは、2014年にインドおよびアメリカにおいて創業した、インターネットメディアのディスプレイ広告収益の向上サービスを提供する、アドテクノロジー企業。同社が提供する広告収益最適化サービスは、機械学習を用いてユーザーごとにウェブサイトコンテンツと広告枠のレイアウト、広告サイズ、広告タイプを最適化することで、インターネットメディアの収益を向上させる。実際に北米およびインドにおける400社以上のインターネットメディアにて、収益を平均69%向上させた実績がある。

 ジーニーは今回の投資を行うことで、ジーニーが保有するメディア向け広告収益最大化ソリューションとAdPushupのディスプレイ広告による収益最適化機能を統合し、「Geniee SSP」利用企業に提供する狙いだ。

 また、インドと北米を中心に400社以上のインターネットメディアと取引をしているAdPushupへの「Geniee SSP」の提供を通じて、インドおよび北米への事業展開を行っていく。

MarkeZine編集部[著]