中国では日本をあからさまに支持することや評価をすることは、時によっては売国奴であると批判されるリスクがつきまとう行為だと言える。こうした風潮が存在するなかで、日本製品や日系車のファンであることを公言するのは勇気の必要なことだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では日本をあからさまに支持することや評価をすることは、時によっては「売国奴」であると批判されるリスクがつきまとう行為だと言える。こうした風潮が存在するなかで、日本製品や日系車のファンであることを公言するのは勇気の必要なことだ。

 中国メディアの易車はこのほど、ある中国人の見解として「日系車の支持者になった理由」を紹介する記事を掲載し、「自動車を理解する立場」の中国人として日系車の魅力を紹介している。

 記事はまず、「日系車のファンになるうえでは、自動車について深い理解が必要であるうえ、それを公言するには勇気が必要なことだ」と指摘する一方、中国の大手自動車メーカーは日本の自動車メーカーと合弁会社を設立していることを指摘したうえで、「これは日本に学ぶことを選んだ証拠」であると論じた。

 さらに、日本の自動車メーカーは「常に人を第一に考えている」と指摘し、「人」、「技術」、「環境」という三位一体による自動車づくりを行っていると称賛。市場ニーズを探るうえでも、ユーザー体験を第一に考えていると指摘したうえで、虚無な価値で消費者の財布からカネを掠め取ろうとしないのが日本の自動車メーカーであると指摘した。

 中国では日系車の安全性について「鋼板が薄く、安全性に劣る」という根拠のないデマが存在することについて、記事は「自動車を理解している人ならば、事故発生時に車内の乗員の命を守るのは鋼板の厚さではなく、自動車の構造であることを知っているはず」だとし、いかに衝突時のエネルギーを車体が吸収できるかが大事だと紹介。日本メーカーの車の衝突安全性能が高いことは各種テストで証明されており、こうした点も「常に人を第一に考えている」ことの証であることを紹介した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)