8日、リオ五輪の表彰式で間違ったデザインの中国国旗が使用された問題について、大会組織委員会は「国旗はブラジル国内で製造されたものだ。製造元に修正を依頼する」と説明した。写真は表彰式で掲揚された中国国旗(上)と正しいデザインの中国国旗(下)。

写真拡大

2016年8月8日、リオデジャネイロ五輪の表彰式で間違ったデザインの中国国旗が使用された問題について、大会組織委員会の広報を務めるマリオ・アンドラーダ氏は、「旗に問題があるというのは承知している」とした上で、「国旗はブラジル国内で製造されたものだ。製造元に修正を依頼する」と説明した。中国新聞網が伝えた。

中国国旗のデザインは、赤地に一つの大きな星と、その周りに四つの小さな星が描かれている。小さな星はそれぞれ角が大きな星に向くよう傾いて配置されているが、リオ五輪の表彰式で掲揚された中国国旗の小さな星はいずれも真上を向いていた。

中国五輪代表団は表彰式で間違ったデザインの中国国旗が使用されたことに気付き、大会組織委にその場で抗議した。在リオデジャネイロ中国総領事館の宋揚(ソン・ヤン)総領事も組織委に正式に抗議している。(翻訳・編集/柳川)