写真提供:マイナビニュース

写真拡大

リアルタイプは、日本語Webフォントサービス「REALTYPE」を提供開始した。

同サービスは、誰でもフォントの配信が行える日本語Webフォントサービス。自分の作ったフォントを登録・価格設定し(手数料は無料)、Webフォントとして販売することが可能となっている。登録されたフォントファイルは、同サービスの独自技術によりWebページに必要な文字だけのフォントとして配信が行われるので、軽量で高速な日本語フォントの配信を誰でも行うことができるということだ。さらに、アップロードしたフォントファイルをブラウザで細かく確認できるフォント確認ツールが搭載されており、配信されるフォントの確認も手間無く行えるようになっている。

また、Webフォントの機能としての最大の特徴は、Ajaxやユーザー入力により動的に追加された文字毎に差分の通信を行い、軽量高速にフォントが適用できる点となっている。これにより、Ajaxを活用したWebアプリや、通信量が気になるスマートフォンコンテンツでも、積極的にフォントを利用することができる。また、昨今のWebブラウザで利用可能になったフォントの持つ異体字(葛など)や合字(fiなど)、カーニングなどのフィーチャ(字形切り替え・文字詰め機能)にもきめ細かく対応しているということだ。

なお、サービスに登録されたフォントの利用料金は、無料利用分を含む月額1サイト500円(税別)から。さらに、オープン時に利用可能なフォントは、高品質なフォントベンダーを中心に100種類以上が利用可能で、タイトルやキャッチコピー、じっくり読ませたいコンテンツなど、Webサイトのデザインに最適なフォントがラインナップされているとのこと。

(シマダマヨ)