ドルと逆相関の「金」は米利上げ後が買い場!

写真拡大

一時105円台半ばまで急落した米ドル/円相場。日銀による為替介入も予測されているが、それもむなしく本格的な円高局面はこれから来る!? FXはもちろん、株、金、原油、ビットコインなど商品ごとの戦略を、今こそ練り直すべし!

◆半年弱で金ETFに126億ドルが流入

 円高が進むほど、まばゆい輝きを放つものがあるのをご存じだろうか? 文字通り、金ぴかの「金」だ。

「金はドルと逆相関の関係にあるのです。ドルが下がれば、金価格は上がりやすい。基軸通貨であるドルが売られるのは、アメリカの信用力が低下していることと同意。“有事の金”と言われるように、リスクオフ相場では避難通貨的に金に買いが集まるのです」

 こう話すのは、住友商事などで非鉄金属取引に携わった後、独立したエモリキャピタルマネジメントの江守哲氏。その金とドルの関係を端的に示すのが、ドルの相対的な価値を示すドル指数と金価格の推移を記した図。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=102326

「’14年後半から’15年初頭にかけて、一時的にドル指数と金価格、ともに上昇している場面もありますが、総じて両者は逆の値動きを見せています。ドル安基調の今は当然、金の値上がり期待が大きい。金相場が低迷した’14 〜’15年には、最も有名な金ETFから89億ドルもの資金が流出しましたが、今年に入って半年足らずで126億ドル以上の資金が流入しているのです」

 実は、金以上の爆発力を秘めているコモディティもある。

「プラチナと銀ですね。金と連動した値動きを見せる傾向にあるのですが、商いが小さい分、値が跳ねやすくて非常にボラティリティ(変動率)がデカイ。特にプラチナは長年、金よりも高い値で推移してきたのに、’15年1月から逆転現象が続いています。もはや、『プラチナのほうが高くて当たり前』という認識が通用しなくなっていますが、730ドルが抵抗線になっており底打ち感が強い。私はすでに金・銀・プラチナ、すべてロングしています」

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=102327

 ただし、これから手を付けようという人は、一呼吸おくべし。

「アメリカの再利上げ後にはしばらくドル高が進み、金価格は下げやすい。1175ドル前後が下値メド。そこでロングするのがベストかもしれません」

 高値メドは1500ドル。’11年につけた高値1920ドルと、昨年の安値1046ドルの半値水準だ。手軽にトレードしたい人は、FX会社が提供するCFD取引をチェックしてみよう!

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=102325

【円高投資3ヶ条】
・ドル安が進むほどに金は値上がりする傾向にある
・金より大きな値幅を取るなら銀・プラチナも魅力的
・米利上げ後のドル高局面が最後の買い場になる!?

【江守 哲氏】
エモリキャピタルマネジメント。住友商事では非鉄金属取引に従事。その後、ファンドマネジャーなどを経て独立。コモディティから株式、為替、債券など幅広く分析する

― 円高相場でバカ勝ちする裏技(秘)公開!! ―