■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

時折、「誰が買うんだろう?」と思う商品がある。

この連載の2回目で書いた『麦のソーダ』もそれに該当する。昨年の夏に販売された大麦を使った健康ミネラル炭酸飲料。麦の風味と強い甘味が光る飲み物であった。個人的には「イケる」と思ったが、その意見はマイノリティ。

『麦のソーダ』で検索をかけると、予測変換で「まずい」と出る。しかも、各所からでた「まずい」の意見をまとめたページまで。これほどに嫌われることも多くはない。そういった嫌われもの飲料は、セール棚に追いやられる。『麦のソーダ』も最終的には、19円で売られていた。

セール棚には、結局誰も買わなかった商品が並ぶ。楢山節考(ならやまぶしこう)のように置いている。通常価格の商品はキレイでライトもあたる棚へ。碁盤の目のように並ぶ商品棚はニューヨークのマンハッタンようだ。見やすく買いやすい。

それに比べてセール棚は、隠すように店の隅にある。よく行くスーパーなんて、併設された花屋に棚自体が食い込み、少々埋もれている。落ちた葉をどかしながら見る。例えれば、ジャングルのトレジャーハント。見えづらくて買いづらい。

スーパーで叩き売りされていた商品をあえて徹底的に検証して気づいた究極の“結論”

昨日、セール棚を冷やかし半分にチェックしていると「誰が買うんだろう?」の究極とも云える商品を発見した。

この連載で勝手に宣伝する商品はほとんど安価。読者の方に手にとって欲しいと考えてる。しかし、今回宣伝する『お菓子がおいしくなるソース トマト味』はそれこそトレジャー。置いている店も少なそうだし、アマゾンにすらなかった。

スーパーで叩き売りされていた商品をあえて徹底的に検証して気づいた究極の“結論”

『お菓子がおいしくなるソース トマト味』。セール棚で35円を20円で販売。値下がり率はなんと40%、大盤振る舞い。ま、大量にあったし売り切れば店側としての御の字なのだろう。このソース、説明する必要もないが菓子につけるディップだ。

スーパーで叩き売りされていた商品をあえて徹底的に検証して気づいた究極の“結論”

ソースは単品では存在できないので、つける菓子が必要だ。ジャングルを抜け出しマンハッタンへ、結局6点も菓子を購入し散財。

帰宅し、まずはソースだけを舐めてみた。前代未聞の菓子用ソースのみを売るからには特徴もあるのだろう。ペロリ、意外と本格的な味がする。メキシコ料理で使われるサルサソースに近くスパイシーであった。

6品の菓子をディップし、試食してみた。

では「結果発表!!!」

●ポテトチップス
ポテトとケチャップ、アメリカンな黄金コンビ、そりゃうまい。

ポテトチップス

●プチうす焼 新潟県産コシヒカリ米使用 
ベッキーがCMに出演していたことで有名なプチ。米とケチャップの相性の悪くないはずだが、ピンとこない味。

プチうす焼 新潟県産コシヒカリ米使用

●歌舞伎揚
元々の甘口醤油の味が強いので、互いを相殺。まずくもないが美味くもない味に・・・、

歌舞伎揚

●じゃがりこ サラダ
これは良い。見た目的にも、マクドナルドのフライドポテトにケチャップをディップしている感じ。味も良い。

じゃがりこ サラダ

●かっぱえびせん
予想以上に相性は良い!エビチリのような風味になる。えびの香ばしさとトマトの甘味の相乗効果で、ちょっとばかし高級感を感じるテイストに。オススメ!

かっぱえびせん

●リッツ
最後は、ディップと云えばのリッツ。まず、久々に『リッツ』を食べて思ったのは他の菓子に比べて美味い。クラッカーに厚みがあり、歯応えも良い。気持ち良く食べれる感触を研究したんだろうなぁと分かる。ディップすると、油分が多くマイルドな『リッツ』とスパイシーなソースとの相性は抜群。

リッツ

6種類を試してみたが1番相性が良かったのは『リッツ』だった。

考えてみれば『お菓子がおいしくなるソース トマト味』『リッツ』共にそのものは強くない。相乗効果で美味くなるタイプ。他の菓子はソロでもイケるので、そりゃ『リッツ』の一人勝ちは当然の結果ちゃ結果。しかし、試食をしたことにより『リッツ』は美味さを再確認。「そりゃ沢口靖子もリッツパーティーを開きたくなるわ」と思った。

『お菓子がおいしくなるソース トマト味』僕ならどう宣伝するか?

昨年の夏に大々的に発売され悲劇的な結果となった『麦のソーダ』。もちろん今年の夏は販売されていない。『お菓子がおいしくなるソース トマト味』もセール棚送りを見る限り販売は難しそうだ。ここで、どうしてもソースを味わいたい方に朗報。このソース、ほぼケチャップなので、ケチャップで代用可能です。

文・イラスト/ヨシムラヒロム

武藏野美術大学在学中に泰葉「お陽様よほほえんで」のCDジャケットイラストでイラストレーターとしてデビュー。その後、雑誌やウェブ等でイラスト、執筆、デザインを行なう。

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長