GIFを制する者は、(ネット広告の)世界を制す

写真拡大

単なる繰り返しなのだが、いつの間にかずっと見続けてしまう不思議な魅力をもつ「GIFアニメ」。そのGIFアニメを手がけるスタートアップ・Giphyは、人々が多くの時間を費やしているコミュニケーションにGIFを簡単に使えるようにし、新しいビジネスを切り開こうとしている。

「GIFを制する者は、(ネット広告の)世界を制す」の写真・リンク付きの記事はこちら

いままでインターネット上で生まれたもののなかでも、GIFアニメほどの傑作はない、と言ってもいいかもしれない。GIFアニメは瞬間をとらえ、その瞬間は果てしなく繰り返されていく。

8,000万ドルのヴェンチャーファンドに支援されているというGIFスタートアップ・Giphyは、膨大な数のGIFアニメを指先1つで呼び出せるようにした。彼らは、人々が抱いているGIFアニメに対する愛着から「利益を得る」ことを目指している。

Giphyが、ソーシャルメディアへの投稿などにGIFアニメをシームレスに組み込める新しいキーボード「Giphy Keys」の提供を開始したのは5月のことだ。アプリをダウンロードして、スマートフォンがGIF対応キーボードを認識できるように設定する。例えば、iMessageでGIF対応キーボードに切り替えれば、GIFを検索、閲覧、保存し、コピペして、すばやく友人に送信することができる。

Giphyにとって、そこに「チャンスが存在する」ということは明白だ。

SLIDE SHOW bird1 cinemagraph

2/21

dancingbaby

3/21

dogandchild

4/21

dogslidesnow

5/21

dogsower

6/21

dwightdancing

7/21

gabbytk

8/21

gamehistory

9/21

haijiandclala

10/21

magicpicture

11/21

maninthecar

12/21

merylstreeteyeroll

13/21

muybridge

14/21

nyancat

15/21

omgcat

16/21

panda

17/21

redballdog

18/21

survivor-1

19/21

survivor

20/21

tumblr_lv5ha8ldcg1r6nusvo1_400

21/21

Prev Next

さまざまなGIFはネット上にいくらでも転がっている。アーカイヴ記事・なぜ現代にも「GIFアニメ」がはびこり、めぐり続けるのか?より。

絵文字もそうだが、GIFアニメはテキストには頼らず画像で感情を表現できる。あるいはポップカルチャーとの親和性も高い。Giphyはすでに自社の抱えるGIFをFacebookやSlack、Twitterに組み込む作業を完了している。

Giphyのブランド戦略部長を務めるジュリー・ローガンは、次のように語っている。「現代生活の中心を占めるようになったモバイルでのメッセージのやりとりにおいて、GIFは、この上なくぴったりなのです」

「プライヴェート空間」に入り込めば、そこにビジネスがある

Giphyが自らのビジネスに生かそうとしているのは、フェイスブックやスナップチャットら大手企業も気が付いている次のような事実である。

つまり、人がスマートフォンに費やす時間は激増し、われわれは『Facebook』や『Instagram』、『Snapchat』などのソーシャルアプリに引き付けられている。『Messenger』や『WhatsApp』など、アプリは何であれ、ぼくらはメッセージに多くの時間を費やしている、ということだ。

1対1のメッセージであれグループメッセージであれ、これほど人を引き付けるものはない。そして、いくら広告主たちが人々の注意を引こうと躍起になっても、こうした私的な場所に入り込むのは日増しに難しくなっている。

すでにいくつかの企業は「絵文字キーボード」を試験運用している。フェイスブックなどの企業にとって、あるいはGiphyのような新興企業にとって、「その場所」に入り込む方法(あるいは支配する方法)を見つけることが、企業の将来を左右しうる。

giphy

ニュースフィード(Facebook)や「Discover」(Snapchat)に広告を表示するのは簡単だ。しかし、メッセージに広告をシームレスに表示するのは、はるかに難しい。それと同じように、Giphyが広告付きのGIFをユーザーのキーボードに直接組み込む日がやってくることもありえる話だ(Giphyいわく、いまはそういった宣伝用GIFは扱わないということだが)。

ユーザーにとって、Giphyの新しいキーボードは、テキストに「ちょっとした気分」を追加する新たな面白い方法だ。ユーザーの生活にシームレスに溶け込み、ユーザーの通信手段の一部となることは、Giphyにとって将来大きな意味をもつ。少なくとも、新しいキーボードは、ユーザーの生活の閉ざされたプライヴェートな空間に入り込む手段になるのだ。

RELATED