「変なホテル」2号棟フロントイメージ/画像提供:ハウステンボス

写真拡大

【変なホテル/女子旅プレス】最先端のロボットが従業員として働いていることで話題の「変なホテル」が、長崎県佐世保市のハウステンボス内に2015年7月に開業した1号棟に続く2号棟を、2017年3月末、舞浜エリアに開業する。

【さらに写真を見る】“ロボット従業員”で話題の「変なホテル」、舞浜に2017年春開業

◆「変なホテル」って?


「変なホテル」とは、フロントやクローク、コンシェルジュなどの役割において、ロボットがメインスタッフとして活躍する世界初のロボットホテルで、名称は「常に変化する世の中に対して、このホテル自身も常に変化することを約束する」という思いをこめて名付けられた。

フロントでのチェックイン・チェックアウト作業や、コンシュルジュ、手荷物を運ぶポーター業務、ロッカーなどで既にロボットを採用しており、ロボットがメインスタッフとして活躍することで、1号棟に当初約30人いた運営スタッフが、第2期のオープンによって客室数が2倍に拡大した状況でも、現在はわずか10人の配属スタッフでの運営を実現している。

◆人気テーマパークのある舞浜エリアに開業


来春、千葉県浦安市への開業を目指す「変なホテル」2号棟は、人気テーマパークの最寄り駅であるJR舞浜駅から徒歩圏内の立地で、ハウステンボス以外の場所では初の開業となる。

全100の客室は、ツイン50室、トリプル40室、デラックストリプル8室、コンフォートツイン2室で構成。レストランも併設し、カフェコーナーやWi-Fiカウンターも設置予定だ。

オープン時点ではハウステンボスの1号棟同様、フロントへロボットの導入を計画しており、今後3号棟以降の国内外への展開も視野に入れているという。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■変なホテル


住所:千葉県浦安市富士見5-3 以下未定
アクセス:JR舞浜駅北口より徒歩圏内