彼氏と暮らすとき、生活費はどうする? ほとんどの女子が「彼氏と○○する」を選択!

写真拡大

彼氏とのデートの別れ際、寂しくなって「一緒の家に帰りたいな」と思ったことはありませんか? 大好きな人と一緒に暮らせたら、毎日が幸せに過ごせそうですよね。ではもし本当に同棲するとしたら、生活費はどのようにしたいと思うか、社会人女性のみなさんにアンケートを採ってみました。

Q.彼氏と同棲するとき、生活費を折半にしようと思いますか?

第1位 すべて折半にする……44.65%

第2位 彼氏に多く出してもらう……41.8%

第3位 項目ごとに細かく分担を決める……7.8%

第4位 家賃は彼氏、生活費は自分……3.5%

第5位 自分が多く出す……1.4%

わずかな差ではありますが「すべて折半にする」が第1位にランクインしました。でも第2位との差はたった4人しかありません。どうしてその選択肢を選んだのか、理由を詳しく聞いてみましょう。

■第1位/すべて折半にする

・「すべて折半にしたほうがお互い文句は出ないはず」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「お互い仕事をして稼いでいるのであれば、全て折半にするべき」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「結婚なら出してほしいが、同棲ならそこまで求めるのはどうかと思うから」(28歳/医療・福祉/専門職)

どちらかが生活費を多く負担するとなると、いつか揉め事が起きてしまいそうですよね。二人とも働いているなら、生活費は平等に折半するべき、と思う女性は多いようです。

■第2位/彼氏に多く出してもらう

・「稼ぎが違うのでそこは多めに払ってもらいたいなという希望」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「家事は私がするので費用面では彼に頑張ってもらいたい」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「稼ぎが彼のが多いし、家事は自分が多くやるから、金銭面では彼に多く出してもらいたい」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

彼氏と自分の収入に格差がある場合、すべて折半にするのは厳しいですよね。家のことをやる代わりに、金銭面で彼氏に多く出してもらえれば、ある意味平等な生活を送れそうです。

■第3位/項目ごとに細かく分担を決める

・「細かく決めた方が後で揉めないと思うから」(32歳/商社・卸/その他)

・「家賃などは半分、食費は彼の方が食べるから、とか、いろいろあるかもしれないから」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「お互いの収入を考えて、なるべく平等になるようにする。収入額も違うと思うので、細かく計算した方が良いと思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

家賃は折半、食費は彼が7割など、項目ごとに細かく決めれば、あとになって不満が出ることもなさそうです。決めるときが大変ですが、二人が納得するまで話し合うことが大事ですよね。

■まとめ

彼氏と同棲するとき、生活費は「すべて折半にする」という回答が第1位という結果になりました。二人とも働いている場合は、あとで揉めないように平等に負担したほうがよさそうですよね。彼氏の収入がよっぽど上なら、彼氏に多めに負担してもらうという手もあります。彼氏と同棲したいと考えている人は、これらの意見をぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数140件(22歳〜35歳の働く女性)