写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTファシリティーズは8月8日、埼玉県東松山市の公共施設等に設置した蓄電池を高度に制御するネガワット取引のサービス実証事業を開始すると発表した。期間は2017年1月31日まで。

同事業は、経済産業省資源エネルギー庁の補助事業「バーチャルパワープラント構築実証事業(高度制御型ディマンドリスポンス実証事業)」に採択されたことを受けて実施されるもの。同社が昨年度構築した、電力の供給状況に応じて電力需要を変化させるディマンドリスポンス(DR)システムに、需要削減量(ネガワット量)の制御性を高める機能等を追加開発し、東松山市が保有する蓄電池を活用してサービス実証を行うことで、需要家の需要変動に追従する蓄電池制御アルゴリズムや、その有効性等を検証する。

同社は、同事業により精度の高いネガワット取引の実現を目指していくとしている。

(周藤瞳美)