「ファンタビ」続編の公開日が早くも決定

写真拡大

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」続編の公開日が、2018年11月に決定した。エディ・レッドメインが主役のニュート・スキャマンダーを演じる、J・K・ローリング原作による同作は、今年11月23日から日本でも公開予定となっているが、すでに続編の公開日が決定したという。

Variety.comにワーナー・ブラザース社から出された声明文では「この映画では魔法使いの世界のさらに暗い時期へと入り込み、ニュートをはじめとする他のヒーローたちが忠誠関係を築きます。そのほかにもたくさんのことが待ち構えています」と説明されている。

続編はデヴィッド・イェーツが引き続き監督を務めることになっており、出演者についてはまだ発表されていないものの、主演のエディをはじめ、エズラ・ミラー、ダン・フォグラー、キャサリン・ウォーターストーンらメインキャラクターは続投するとみられている。

エディは先日、この映画の撮影の面白いところは、グリーンのスクリーンの前で演技をして、その後に特殊効果が加えられたバージョンを目にすることだと語っていた。

「(魔法をかけている時)魔法の杖から出てくるものすごい力は後から付けられるから、まさに何もない状態で演技をしているんだ。それがすごく劇的で深く心を動かされたね。状況的にとても満足感を得たんだ」

そして製作側も演じるキャラクターに気持ちと情熱を取り込めるエディの能力を見込んでニュート役に指名したそうで、プロデューサーのデヴィッド・ハイマンは「ニュートは人よりも自分の生き物とのほうがコミュニケーションが上手い人間なんだ。彼はアメリカにやってきたイギリス人で、アメリカの魔法の世界というのはイギリスとは違うものなんだよ」「エディは僕達にとって1番の候補だったんだ。彼は周りと調和していないキャラクターを演じるのがとても得意だし、そこに気持ちと情熱をもたらせるんだよ。全ての瞬間に真実をもたらそうとする強い想いがあるんだよ。それにとてもチャーミングで男女を問わず惹きつける魅力を持ち合わせているからね。それに時代を感じさせない俳優だから、1920年代のニューヨークにもピッタリなんだ」と説明した。