JR東日本グループの鉄道会館は、JR東京駅地下1階の丸の内地下エリアに新施設「グランスタ丸の内」、エキナカ商業施設「グランスタ」増床エリアの第1期開業部分(計23店舗)を、7月27日にオープンした。

グランスタ丸の内 グランスタ丸の内

新規開業エリアは、7月27日にオープンした第1期23店舗を皮切りに、2017年夏にかけて順次開業予定。改札内外にまたがり、南北約300メートル・店舗面積約3700平方mにおよぶ。改札外は、新施設である「グランスタ丸の内」として、改札内はエキナカ商業施設「グランスタ」の増床として開業した。オープンした第1期開業部分は、デイリーニーズの強化を図るべく、全国初登場や新業態を含む「雑貨」・「コスメ」ショップが18店舗ラインアップ。今まで東京駅構内にはなかった「雑貨・コスメ」のショップが多数集合するショッピングゾーンの誕生だ。

オープン前に行なわれた開業記念のテープカットセレモニーでは、井上進・鉄道会館代表取締役社長が登壇し、「開業エリアのコンセプトである『広がる東京駅時間』の“広がる”という言葉には、物理的に空間が広がること、新たな商品・サービスを提供することでお客さまの選択肢が広がること、そしてお客さまの過ごし方が広がることの意味を込めている。これまでのグランスタは食物販や飲食が中心だったが、本日開業した23ショップはコスメや生活雑貨、ドラッグストアなど広範囲な品揃えで、日常的に使っていただけるエリアになります。」と開業エリアの特徴について語った。

さらに、セレモニーには、「グランスタ丸の内」のMASCOT GIRL(マスコットガール)『ふくらむちゃん』の創作を手掛けたぬいぐるみ作家の片岡メリヤス氏も登壇し、「仕事で疲れたり落ち込んだりした時に、ふくらむちゃんに会いに来てもらえたら嬉しいです。ふくらむちゃんとグランスタが皆様の癒しスポットになるよう願っています。」と『ふくらむちゃん』に込めた思いを述べた。

◆「グランスタ丸の内」・「グランスタ」増床第1期開業ショップリスト

グランスタ丸の内

◆「グランスタ丸の内」・「グランスタ」増床第1期開業位置図

グランスタ丸の内

文/編集部