連日猛暑が続く日本列島ですが、そんな日こそグビグビと飲みたくなるのが、冷たいビールですよね。そこで今回は、食のトレンドやコンビニ事情に詳しいライターの日比谷新太さんが、前回の「コンビニコーヒー戦争」レポートに続いて、ここ最近のビール業界全体の傾向とコンビニにおけるビール売り場の状況を徹底分析。市場全体とコンビニ内とでは微妙に異なる“ビール業界のトレンド”を紹介しています。

アサヒ「新ジャンル」好調の理由とは

各メーカーが熾烈なシェア争いを繰り広げるいっぽうで、人口減や若者のお酒離れなどもあり、市場自体は縮小する傾向にある日本のビール業界。

そんな状況下にあって着実に売り上げを伸ばし、その存在感を増しているのが、カロリーや糖質のオフといった機能性を訴えて商品化されたアイテム、いわゆる「機能性ビール」です。

「機能性ビール」が各メーカーにおいて、どれほどのウエイトを占めるようになっているのか。まずは、2016年度1〜6月度における大手ビール会社2社であるアサヒビール、キリンビールのIR情報を確認してみましょう。

ビール分類(カテゴリー)ですが、ご存知の通り「ビール」「発泡酒」「新ジャンル」と大きく3種類に分かれます。これらは酒税の関係により小売り売価に差があり、「発泡酒」と「新ジャンル」は低価格設定になっています。

唯一売り上げを伸ばす結果となったアサヒビールの「新ジャンル」は、『クリアアサヒ』『クリアアサヒ プライムリッチ』『クリアアサヒ糖質0』『アサヒ オフ』『アクアゼロ』『アサヒゴールドラッシュ』が主要商品となっています。これらの6アイテムのうち3つのアイテムが「機能性ビール」であることがわかります。

また、アサヒビールのIR情報をさらにチェックすると、主要3ブランド別の1〜6月度前年比は、『スーパードライ』系が96.3%なのに対し、「機能性ビール」である『スタイルフリー』系が102.3%、同じく『クリアアサヒ』系が111.3%と発表されています。

これらを読み取りますと、「機能性ビール」が近年の健康志向の高まりを追い風に、出荷数量を伸ばしていることが見えて来るのではないでしょうか。

ビール業界「二強」の明暗を分けるもの

いっぽうのキリンビールですが、アイドルグループ・嵐をTVCMに起用した『47都道府県の一番搾り』など、今年より『一番搾り』ブランドを一点突破戦略のもと立て直してきました。キリンビール社のIR情報を確認してみましょう。

キリンの主要3ブランドにおける出荷前年比を確認すると、『一番搾り』ブランドの強化は成功しているようです。特に『47都道府県の一番搾り』は、前年比133%と大きな伸びとなっていました。

参考までに、ビール大手5社の1〜6月期出荷数量前年比は下表のとおりです。

業界全体では、「ビール」復活の息吹が感じられるなか、「発泡酒」の売上が低迷している構図となっています。

ただ「発泡酒」のなかでも、従来までの売れ筋商品であったキリンの『淡麗』ブランドが低迷する反面、アサヒの『スタイルフリー』ブランドは好調となっています。

また「新ジャンル」においても、売れ筋だったキリン『のどごし』ブランドが低迷するなか、アサヒの『クリアアサヒ』ブランドは好調です。

ビール業界の二強である“アサヒビールvsキリンビール”の戦いですが、アサヒビールが健康志向ニーズを獲得することで、リードを保っていると言っても過言ではないかもしれません。

コンビニのビール売場の状況は?

さて、コンビニエンスストアにおけるビール売場の状況ですが、前出のビール大手5社の出荷数量の伸びと同様に、3つのカテゴリーのうち「ビール」の売上が好調。全体的な売上も、昨年ぐらいから好ペースを示しています。

これまでコンビニのビール売場では、3つのカテゴリーのうち「発泡酒」「新ジャンル」ではなく、「ビール」の強化を図ってきた経緯がありました。

これが長野県の地ビールメーカー・ヤッホーブルーイングの『よなよなエール』に代表されるクラフトビールのブームや、大手ビールメーカーのプレミアムビールの人気もあり、好調な数字となって表れているのです。

このような状況を受け、最近ではキリン『グランドキリン ギャラクシーホップ』などといった、コンビニ専用のプレミアムビールも登場しています。これらの商品をコンビニでは、陳列棚のゴールデンライン(目線で手に取りやすい位置)に展開。他販売チャネルの差別化として積極的に販売を行い、売上につなげています。

いっぽうで、業界全体では好調とされている「機能性ビール」ですが、コンビニに限って言えば、その売場(フェイス)は少ない傾向にあります。ただ多様さが求められる顧客ニーズを考えると、コンビニにおいても品揃えが必要な商品であることは間違いないでしょう。

 

文/日比谷 新太(ひびや・あらた)

日本のコンビニエンスストア事情に詳しいライター。お仕事の依頼はコチラ→のメールまで: u2_gnr_1025@yahoo.co.jp

image by:Lerner Vadim / Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!