中国の各大型家電売り場では、日韓ブランドの輸入テレビの在庫量が減少する傾向が続いている。写真は中国のテレビ売り場。

写真拡大

中国大陸部市場における外資企業の家電業務が落ち込むにつれて、特に鴻海によるシャープ買収以降、各大型家電売り場では、輸入テレビ(完成品で輸入されたタイプ。以下同様)の在庫量は減少する傾向が続いている。今後、広州市民が日韓ブランドの「輸入テレビ」を購入できるチャンスは激減する見通しだ。信息時報が伝えた。

○一部店鋪は輸入テレビの取り扱いをストップ

記者がこのほど、広州市内の蘇寧・国美・広百など各家電チェーンの大型売り場を取材したところ、輸入テレビの在庫は極めて少ない状況だった。すでに販売を取りやめた一部店舗もあった。

国美の維多亜店と石碑橋店では、シャープ製輸入液晶テレビは販売されていなかった。ソニー製輸入液晶テレビのラインナップも非常に少なく、このうち55インチ型の販売価格は8500元(1元は約15.2円)、60インチ型以上は1万元を超えており、同サイズの中国国産ブランド品より30%から50%高かった。販売員は、「輸入テレビの販売価格の相場は1万元前後で、市場での需要がなくなったという訳ではない。だが、数年前から販売量は少なくなった。これは、外資メーカーが中国大陸部での経営戦略を縮小する傾向にあることと関係がある」と話した。蘇寧易購正佳店で売り場に並んでいた輸入品テレビは、韓国サムスン製のみだった。

筆者は複数の大型マーケットを回ったが、シャープ製輸入液晶テレビの姿はもはや見られなかった。ついに天河広百百貨で見つけたが、シャープ製60インチ型4K輸入液晶テレビの販売価格は、8999元と驚くべき値段だった。超薄型テレビならば1万7999元、70インチ型4K輸入液晶テレビになると2万元以上していた。

○縮小する日韓ブランドカラーテレビの経営戦略

オフライン店舗で完成輸入液晶テレビの姿を見つけるのが難しかっただけではなく、オンラインでもこれらのテレビを探すのは困難を極めた。さまざまな家電販売サイトを調べたところ、シャープ、ソニー、サムスンなどの輸入液晶テレビは、ほとんど販売されていなかった。販売画面を見つけても、購入を進めようとすると、「在庫なし」と表示される始末だった。

某ブランドのテレビ販売担当者は、このような状況について、次の通りコメントした。

輸入カラーテレビがだんだんと中国大陸部市場から姿を消しつつあるのは、ちっとも不思議な現象ではない。この原因は2つある。まず、日韓ブランドのテレビ部門が、販売戦略の調整を実施し、家電業務を主な戦略縮小の対象としたことだ。東芝、パナソニック、ソニーはいずれもこれに当てはまる。2つ目の原因として、国産カラーテレビが技術面で飛躍したことで、製造コストや販売コストが低下し続け、日韓ブランドの高価格戦略が立ちいかなくなったことが挙げられる。このような状況から、輸入カラーテレビの売り上げが相当なダメージを受けることは避けられなかった。(提供/人民網日本語版・編集/KM)